« LIVE AT GLORIA CHAPEL! | Main | 変わらない。そして、変わり続ける »

2003.12.16

十数年ぶりにエアチェック

「あなたがいるから矢口真里 増刊号」
安倍なつみの「エアモニ。特別復活編」

を聴いてました。
「このひとの」ラジオが聴きたくてエアチェックする、なんて。いったい十何年ぶりなんだか。
一番最後にエアチェックしてたのは鈴木祥子のMusic pulse on Tokyo Bay。
これもほぼ10年前。時間は過ぎるもんですな。

あな真里本編は「気が向けば&その時間部屋に居れば」聴く、程度だけど(設定対象年齢層がティーンエイジャーだし)今回はお題(今年のハロプロ十大ニュース)とゲストあり、に惹かれて。
本日のゲストはミカ(ココナッツ娘。)、里田まい(カントリー娘。)&アヤカ(ココナッツ娘。)。
ミカはミュージカルに出た時の印象。
里田とアヤカは写真集(今年は水着写真集が多かった)の話。

ハロプロミュージカルって、意外と小劇場のひとも関わってるようで。
「江戸っ娘忠臣蔵」にはTEAM発砲B・ZINのくんじ兄さんが出てるし。来年のミュージカル、演出は茅野さん(扉座)・樫田さん(方南ぐみ)だし。
……でも「芝居」を期待しちゃいかんのでしょうな。

なっちのエアモニは初聴き。しかも文化放送は壮絶に電波の入りが悪い。まるで天体観測をしている気分。(FMラジオを入感しない周波数に合わせておいて、放送やノイズが乗れば流星がカウントできる)

卒業間近ということもあって、リスナーからの話題も主に卒業がらみの件。「残された日をいちにちいちにち大事にしたい」とは、他のメディアでも見聞きした気がするけれど。「初・ソロイベント」の際に感じたことを自分の言葉で伝えるのが初めてだ、というのにはっとさせられたり。
TVやコンサートでの「がちがちに台本ありき」の「お人形さんのことば」ではなく。「自らの感情を、なるべく自分の言葉で」伝えようとするのが「ラジオというメディア」であるならば。なるべく、そういう機会を持ってもらいたいよなあ、と思う真夜中。

しかし。
古田新太をはじめとする芝居関係者のトークラジオをほぼ全スルーしてるのになんであたしはいきなり血道を上げてるんだか……。


#NHK-FMのラジオドラマ(小劇場役者&作家が結構絡んでる)も、最近スルーしがちなのになあ。

|

« LIVE AT GLORIA CHAPEL! | Main | 変わらない。そして、変わり続ける »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/28912

Listed below are links to weblogs that reference 十数年ぶりにエアチェック:

« LIVE AT GLORIA CHAPEL! | Main | 変わらない。そして、変わり続ける »