« おとめ組@仙台サンプラザ | Main | 本屋スキスキ »

2004.03.08

アレルギー満開

さくら咲くツアーの直前に私自身はこうなっております。
でも満開なのは本当。普段出るのは鼻と目(季節の変わり目に全て)・肌(春のみ)なんですが、今年は咳がひどくこじれております。周囲にものすげーくいやーな顔されるんですが(しゃべった後に咳がとまらなくなる)知らんぷりを通し中。友人連にはあやまりますが、職場じゃ厚顔。…や、咳がこじれるのはストレスが大きいんで。

それはさておき。
おとめ組のコンサ+Viewsicで「さくら満開」のPV断片を見ました。「さくら」のコンセプトも「和風」のコンセプトもツボなんですが、あまりにピンクの色味がきつい&衣装がいきなり安っぽく見えてしまうのが残念。色味については前回の「晴れ 雨 のち 好き」についても同様。私は淡い色が好きなんで、その辺りのバイアスもあるのでしょうけど。(鮮やかな差し色は好きですけど、「ピンク」のきついのは苦手)
今回は「和風」というよりは「シノワズリ」(西洋から見た東洋-中国-趣味、というべきか)がテーマ、なんですかね。しぐさのひとつひとつは(刺繍してたり物干ししてたり桜活けてたり傘さしかけてみたり)「日本風」のはずなんですが、全体を覆う色味は(建物の造りのせいかしら?)微妙に「中国風」。
んで。「中国風娼館」での、水揚げ前の少女達のひとときの揺らぎ、と見えてしまうのは…私の目腐れですかねえ。(だから「ダメ」ってんじゃないんです。作り手側にその意図がないがゆえに「ちらりとそういう妄想をかき立てられる」(受け手側が勝手に)から、こうやって言えるんであって。意図が見え見えならイヤだと思いますしね)
まー。娼館チックといや「シャボン玉」のPVの方がもっと露骨に感じましたが。(「すみませんこれはなんぞの顔見せですかっ!?」とフルで見た時に声が出た)

|

« おとめ組@仙台サンプラザ | Main | 本屋スキスキ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/278126

Listed below are links to weblogs that reference アレルギー満開:

« おとめ組@仙台サンプラザ | Main | 本屋スキスキ »