« 最近のおひるごはん | Main | かむあうと »

2004.03.24

しあわせなカバーとの出会い方

幸せなカバー(との出会い方)

1.カバー/オリジナルの順で知る
2.オリジナル/カバーの順で知る


1.元々カバーを歌う(あるいは創る)ひと自体が好きで惹かれているから、オリジナルにも「好き」の気持ちのまま触れてみようとする。カバーの世界からオリジナルの世界へ、全く色が違うことが驚きになるし、なおかつ二重の「好き」になる。

2.オリジナルへの「好き」が基準値に(最初の物差しに)なってしまいがちな分、カバーをも好きになることは1に比べると少ない。

ワタシの好みの流れは大抵1。純粋に「ああ、こんな世界もあるんだ」と目を開かせてもらっているのは鈴木祥子。ライブで歌ってくれたジョニ・ミッチェルの「blue」やニール・ヤングの「lotta love」は、彼女の解釈があってこそ「聞いてみよう」と思った。あと、直近だと畠山美由紀。1だけど2にほど近いのが矢野顕子。「スプリンクラー」(「Super Folk Song」所収)を十二分に聞いた後で、オリジナルの山下達郎版を聞いた時にはひっくりかえった。矢野さんが女の子の、ある意味「吹っ切った」気持ちを歌っているとすれば、達郎さんのそれは(言葉は非常に悪いけれど)「ものすごく女々しいオトコノコの泣き歌」だったし。まあ、矢野さんのカバーは「カバー」というより「矢野顕子のオリジナルに仕立て直してますがナニか?」な世界でもあるわな。(そこが好き。佐野元春の「someday」は2のパターンだったのに両方とも好きだしなあ)

で、ハロプロ。今年に入って出たアルバム及びシングルはかなりの割合で(セルフ)カバーが多いけど、2003年のシャッフルユニット曲(7air「壊れない愛が欲しいの」11water「BE ALL RIGHT」)をミニモニ。が歌っていたのは、「2」のパターンの中では珍しく「おお、こんなやりかたもありだよねっ!」と思えたかな。7airについてはメインボーカルが変わらない強さ、11waterは「はっちゃけ感」が、ミニモニ。の風に(ニンに)あってるし。

で。やっぱり何度聞いても辛いのが、さくら組の「抱いてhold on me」。電子音アレンジで声の個別認識が困難。矢口・吉澤でやっと分かるていたらく。コンサだとちゃんと声が聞こえていた(メインは加護・高橋?)し、この曲のありようとは真逆に「高橋はさすがに低音も上手いよな」と思えた(コンサ全体の感想としてね)分、残念感が強い。むむむむーん。

|

« 最近のおひるごはん | Main | かむあうと »

Comments

カバー流行りですな。昨日も尾崎豊トリビュートが出たし。槇原くんの「Forget-me-not 」と宇多田さんの「I LOVE YOU」はなかなかいいです。ミスチルの「僕が僕であるために」は、すっかりミスチルの曲聞こえます。あ、言っておきますが、ワタシは尾崎信者ではないのよ。

ヤノさんは、カバーというにはあまりにオリジナルになっていて、元の曲を後で聴くと、あまりの違いに(いい意味で)クラクラしますね(笑)。
槇原くんの「Listen to the music」も『彼のものになっている』という意味ではやはりヤノさんに近いんですが、このアルバムの場合は選曲がツボでしたわ。千ちゃんの「Rain」とか、池田聡の「月の舟」とかね。
今までで衝撃的だったカバーは、「すばらしい日々」(ユニコーン)をヤノさんが歌ったやつでしょうか。アレはホント、どちらも非常に好きです。あと、アーティストでいえば、おおたか静流さんとかね。ヤノさんと双璧をなせるのはおおたかさんではなかろうかと思っています。
あ、「クリスマスの約束」、もちつと待っててな。

Posted by: ずるずる | 2004.03.25 at 14:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/344643

Listed below are links to weblogs that reference しあわせなカバーとの出会い方:

« 最近のおひるごはん | Main | かむあうと »