« May 2004 | Main | July 2004 »

2004.06.30

安倍なつみコンサート「あなた色」@パシフィコ横浜

パシフィコ3daysのうち、29,30の2日間に参加して来ました。
とりあえず覚え書きを。(7/3 2:30一部追記)

・30日の公演は初めてカメラ用レールが敷かれ、大がかりな撮影態勢が取られていました。それまでは後ろのスクリーンへ映すためのハンディカメラ2台態勢でしたが、この日はカメラクレーン2台+レールに乗ったカメラ1台+ハンディ2台、だったような。(クレーンとレール1台は確か。ハンディはちょいとあやふや)夏~秋のツアーとまとめてなのか(こちらのタイトルは「あなた色プレミアム」)、それとも別個に出してくれるのかは不明ですが。記録として再度見ることが出来そうなのが嬉しいです。

・公演数にして11ステージ、短い期間にぎゅっとつまった(あるいは駆け込み的に日程を詰めてしまった?)初ツアー。6年来の夢をひとつ叶えたことのうれしさに、何度か言葉を詰まらせていたもの。最後まで彼女らしい笑顔と「ありがとう」に溢れた、いい時間を過ごさせてくれました。

・ファイナルの日は最初っからがすがす飛ばす飛ばす。「だって生きてかなくちゃ」から、強烈な気が立ちのぼってました。いつもなら2曲目の「恋する女の子どすえ」から本格的にエンジンが入ると感じてましたが、30日は後ろで流れるPVにも負けない目力で、はじめてOPからぞくりとさせてもらえました。

・ファイナルで一番心奪われたのは、アンコール一曲目の「22歳の私」。
卒業の報を受けて1年、自分の行く先についてのカタチがはっきりと輪郭を持ち、それに向けてさらに前へと進んでいく静かな決意が見えました。必要以上に気負うでもなく、MCのように気持ちが走りすぎて言葉が追いつかないでもなく。「ただ、そこに在る。そして、立ち続ける」勁さで、あの会場を満たしていました。大阪でも中野でも横浜でも同じ気持ちではあったのでしょうけれども。私に一番響いたのは、やはり、30日の横浜、でした。
※初聴きの時も(この曲の初披露がハロモニ初見でした)、横アリの卒業の時も、実はそんなに響いてこなかったんですが。

・裕ちゃんの「DO THE BEST」、ライブで聞くとなんとなく「明るい曲調の中島みゆき」を思い起こします。具体的に浮かんだのは(曲調という意味では)正反対の「あした」でしたが、みゆきさんの歌は声質にあってるんじゃなかろうかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.26

既視感、あるいは不遜な想像の展開を(仔犬のワルツ最終回)

「仔犬のワルツ」最終話のラストシーンだけを取り急ぎ見ました。葉音が最期(*)に残す「愛してる」の科白に、妙な既視感が。このひとことだけで思い出したのは、サードステージの「パ・ド・ドゥ」におけるかのひとこと「あなたのことを愛しているからよ」ですが。岬での芯也との「あなたのことを愛している」「助けてくれ」やりとりをざっと見直した時に浮かんだのは…大変不遜ながら、新約聖書でした。うむむむむ。神・天使・悪魔なんつーキーワードを混ぜ込んでくれてるから、ありうる展開っちゃそうなんでしょうけど。うーん、微妙だのお。

で。今回の岬の(断崖とはいわんがそれに近い撮り方をしていた)情景、犬吠埼だったんですね。4年前の秋、ふらりと出かけたのを思い出し…その時珍しく書いていた日記のログを引っ張り出して確認しました。
以下、今後の自分への思い出しメモとして:

Continue reading "既視感、あるいは不遜な想像の展開を(仔犬のワルツ最終回)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.20

安倍なつみコンサート「あなた色」@中野サンプラザ

出会った時に魂は持っていかれてしまっているよ、とは、ワタシの好きな芝居「阿修羅城の瞳」での謂いですけれども。「初日の初回の熱気」と、大阪の感想で挙げたあの曲-特に最後のあの1曲に「持って行かれて」しまったから。わたしは彼女の立つステージを追いかけるんでしょう。
ちうことで金、土と中野サンプラザへにも行ってまいりました。ざっくり覚え書きの感想を:

Continue reading "安倍なつみコンサート「あなた色」@中野サンプラザ"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.17

これも「三つ子の魂」?

さんざっぱら「なっちに呼ばれる!」と叫びながらも。外歩きのおともなiPodでへびーりぷれいしているのは、彼女の曲よりWの「渚の『…』」+「淋しい熱帯魚」だったり、します。小学生から中学生時代の「リアルタイムで身体にしみついた」曲なもんで、イチから身体に入れるよりも聞きやすい=プレイリストで「どれからかけるか」を選ぶときもついつい手が伸びる、わけで。や、なっちの曲も聴いてますよ。ホント。

で。「渚の~」を歌っていたのがうしろゆびさされ組。最近アルバムが再発されたんだっけ、とかれこれぐぐってみたら…うわ。1stアルバム所収曲の半分ほどはそれなりに口ずさめることに、ある意味呆然。ここ数年の記憶は劣化が激しい&覚えていたいことほど消去されて、しんどいことほど残りがちだというのに。いやはや、もう。三つ子の魂百までとはよく言ったもんだなあ、と、しみじみ思う夜更けでした。

#飯田圭織で「青いスタスィオン」(河合その子)っつーのも聞いてみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.15

安倍なつみコンサート「あなた色」@大阪厚生年金会館

なっちこと安倍なつみさんのソロコンサート初日(6/12(土)大阪厚生年金会館)に、昼夜と参加してきました。ハロプロのコンサートについていえば、自分の居る地域に回ってくるものならそこで十分なのですが。なっちについてだけは、「初日の初回」、まだ色の付いていない回に立ち会いたい(しかも、わたしのホームタウンでもある場所だし)と、遠征を決めました。

昔の娘。さんたちも、今の「14人。あと1ヶ月弱経てば12人となってしまう」娘。さんたちも。おとめとさくらへ分割になった時の彼女たちも、それぞれをいとおしく思う気持ちに、「好き」だという気持ちに大きな差はありませんし。山梨で見た「なっちのみならず、矢口もいない」6人のさくら組にも「不在」とそれに伴う悲しみはさほど感じなかったのですが。(DVDになった大宮は…ごめんなさい、やはり三木と比べてしまう感覚が強すぎて、「7人の悲壮と緊張」がやや感じられました)
でも、飛び抜けて「呼ばれて」いたのは彼女になんだ、と、強く思った次第です。

Continue reading "安倍なつみコンサート「あなた色」@大阪厚生年金会館"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »