« にわとりがさきかたまごがさきか | Main | 「絵」に惹かれるうた »

2004.07.20

さよなら、青山ブックセンター

7/16付けで青山ブックセンターが営業を停止しました。
本屋で遊ぶ楽しみを覚えたのが関西だったので、「マジメな探し物なら紀伊国屋か旭屋。同人ラインも含むマンガ系は駸々堂。ちょっと遠出を覚えて、両方がカバー出来るジュンク堂に感激」てな体でいたのですが。「こんなジャンルもあるんやけど、ま、読んでみ?」と、美術書・写真集を眺める楽しみを教えてもらったのが、青山ブックセンターでした。

メイプルソープの写真集を眺めて「いつかこの本に【呼ばれた】らいいいなあ」なんてことを思い(気にはなるけど、手元に置くには財布の事情も併せて呼ばれ方が足りません^^;)。サラ・ムーンの写真集に「陽光」の装丁と、サラ・ムーンを教えてくれた旧友のことを思い。時間が許せば、お向かいの新星堂で新譜を眺めたりぴんときたものを試聴したり。そんなふうに、仕事帰りにアタマを切り替えて帰りたい時に大変お世話になった場所でした。

普段自分が読む/あるいは棚を眺めているジャンルについては「ちょっと物足りないな」なんて生意気のひとつふたつもこぼすこともありましたが。想定していない切り口で面出しされてる本に「うおー、おもしろそー!」と手が伸びたり。上記で上げた本屋さんじゃちょいと手に入りにくかった(最近ではブックファーストが肩代わりしてくれていましたが)サブカル寄りの社会科学系の本と出会わせてくれたり、とか。たまさかに遊びに来てはワンポイントアドバイスをくれる、「ちょいと歳の離れたセンパイ」的な本屋さんでした。

まんま同じ、というわけにはいかないでしょうけけれど。この次に入ってくれるテナントさんも、同じ「本屋さん」というカタチであってほしいな、と、願ってやみません。

|

« にわとりがさきかたまごがさきか | Main | 「絵」に惹かれるうた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1014270

Listed below are links to weblogs that reference さよなら、青山ブックセンター:

» 青山ブックセンター再建へ-空気にも21世紀性が求められる [BigBan]
洋書販売の取り次ぎである洋販により再建の動きがあるという。 多くのファンを持つこ [Read More]

Tracked on 2004.08.04 at 02:57

« にわとりがさきかたまごがさきか | Main | 「絵」に惹かれるうた »