« たまらん人々 | Main | 去りて後その重きを知る »

2004.07.29

緋の糸で心とらわれたから

無事Amazonから「安倍なつみ~モーニング娘。卒業メモリアル~」DVDが届きました。帰宅後すぐ取るモノとりあえず見て、ひといきついています。

よみうりランドや鹿児島の光景、裕ちゃんの言葉など、いろいろ深く心動く場面がありましたが。一番印象的だったのは最後の最後、室蘭の雪景色をバックにエンドクレジットが流れた後に「これからも、待っていてください。がんばります。」との言葉と笑顔で静止画になる瞬間でした。「あなた色」ツアーの最後の曲「腕組んで帰りたい」)の前のMCで、小指を差し出して「また会いに来てね、約束だからね!」と言うのですが(細かい言い回しは違うかも)。その時の充実した笑顔と、DVDのこの場面が重ね絵になって、「ああ、完全に緋の糸でこのひとに心をつかまえられたんだなあ」と思った次第です

ん、この「ひと」だけってんじゃないな。
安倍なつみ、というひとりの「うたうたい」に。彼女が/彼女を、いとおしく思う存在である「モーニング娘。」に。そして、その礎である中澤裕子というひとに。1年前の丁度今頃向き合うようになって。1年後、こうして、いろいろ心を動かされてます。それも含めて「緋の糸」だったんだな、と。

|

« たまらん人々 | Main | 去りて後その重きを知る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1075867

Listed below are links to weblogs that reference 緋の糸で心とらわれたから:

« たまらん人々 | Main | 去りて後その重きを知る »