« 四つの翼を | Main | にわとりがさきかたまごがさきか »

2004.07.19

点ではなく、線なのだと

夕方には日比谷野音で小暴れしてきました(@グループ魂)が、心身ともライブモードになった余波でまたもや「The best of Japan」のDVDを再生しております。自分が体感したツアーで映像として手元にあり、全編通して「楽しい」と思えること/別れの悲しみを強く感じさせないことが大きいです。プラス、いくつもそこから「おっ」と思い、勝手にあだこだ考える面白さがあるのも、このDVDをリピートする推進力となっております。

そのひとつが、アンコールのラストナンバー「ここにいるぜぇ!」での煽りでした。間奏部分でミキティが口火を切り、石川→吉澤→藤本→矢口、と四タテで会場を煽り倒す部分。うっすら既視感(この場合は既聴感?)を覚えたので手元にあるDVDやCDをたぐってみたら、

・最後までこぶしあげていくぜ!(石川)
→1年前の同会場における圭ちゃんの卒コンでの「強気で行こうぜ!」の歌詞

・いっくぜー!(藤本)
→ソロコンDVDの「涙girl」での煽り。(あの煽りっぷりもほれぼれしましたが、今ツアーの煽りはさらにパワーアップしている。)

アリーナ席もスタンド席も、カモオオオオオン!(吉澤)
→テンションの在りようという意味で、あな真里にゲスト出演した時

OK,CLAP YOUR HANDS!スーパーアリーナのみんな、熱い声を、聞かせて!(矢口)
→「センチメンタル南向き」のあの途中科白。

が、その感覚の元でした。(よっすぃーだけはちょいと無理矢理ですが)
みんな、その元になった地点より、遙かにいい表情をしてるんですよね。
彼女たちの「いま」は決して点なのではなく、「むかし」からつながり「これから」へと伸びゆく線なのだと(ごくアタリマエのことですけど)、改めて思わせてもらえました(^^)。

|

« 四つの翼を | Main | にわとりがさきかたまごがさきか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1001494

Listed below are links to weblogs that reference 点ではなく、線なのだと:

« 四つの翼を | Main | にわとりがさきかたまごがさきか »