« 導眠剤的映像(音声) | Main | (Melting down) The "Non-"Fiction »

2004.08.29

I saw the "LIGHT"

ここ一週間ほどの心境という意味ではI "want to see" the light、なんですが(^^;。

なっちのソロコンサート第2弾「あなた色プレミアム」@パルテノン多摩へ昼夜と参加してきました。ひとりだからこそうたえる、そして「魅せ(見せ)られる」うたとその立ち姿。そして、あの3人で居るからこそ(そして3人それぞれが一人で立つ時間があるからこそ)出来ること。そのメリハリの付け方がはっきりしていて、そして嬉しくて。リアルタイムのそれを知らない身に許されるのか、と思いつつも、最後の最後ではぼろぼろ泣きました。以下、ネタバレ込みで走り書きの覚え書きを。

安倍なつみソロコンサートツアー「あなた色プレミアム」@パルテノン多摩
8/28(土)14:10-16:45/19:10-20:45

・デビュー当時からの写真を(その時々の曲と、リリース日時と一緒に)いくつかピックアップしてツアータイトルへ。それを映していたスクリーンが割れて1曲目へ、という演出は前回とほぼ同じ。今回は1.25の卒業時の写真(圭織との抱擁のシーンと、横アリが一面白に染まったシーン)を冒頭に入れ、アーティスト写真が今のものに差し変え。舞台前面に下ろした紗幕に映し、その紗幕を落とすカタチでオープニングへ。昼公演ではちょっと固まりましたが(わたしが)、夜に後ろからゆっくり見て「ああ、これがこのひとの強さか」と納得。いやもう、最強の23歳・職業(アイドル)歌手、なのねん。

・前回と比してセットリストはそんなにいじっていないはず(並びは別として)ですが、騒ぐモードよりは「じっくり聴こうよ」モードの方が色濃くなった、との感が。前回の1,2曲目は思いっきり(わたしに)火がついたけど、今回は(好みの問題で)のんびりしてたから、ってのもあるかも。そういう意味では「恋する女の子どすえ」の置き所って、なかなか難しいのかも。わたしはあの曲好きなんだけどなー。

・MCの覚え書き。夜の回は、「昼と夜の間にしてたこと」を。ゼルマに電話出演するのをけろっと忘れて、裕ちゃんと一緒に(圭ちゃんは先に食べていたとの由)ごはん食べ、その後のんびり歯磨きしてたらもう電話がかかってきていた、との話。長崎でコンサート中のWの加護ちゃんから「なちみねえちゃんはどうしてるのー?」と動画メールが届き、「初日だよー。がんばってるよー」と返事をした、との話。そして辻ちゃんは機種が(キャリアが)違うのにがすがす動画を送ってきて「のの、違うから見られないんだってばー(^^;」と会うたびに言うんだけどねー、でも送ってくるんだよねー、全部変顔だけど、と。メンバーからメールが来るのは嬉しいし、がんばらなきゃ!と思うとのこと。

・3人でのMCコーナー(質問ハガキをもらった、という体で、ワンテーマを設定して話を回すカタチ)。昼は「どんな料理を作りますか(得意ですか、だっけかな?)」夜は「健康法としてどんなことをしていますか?」。昼は「トマトスープつくったのー」に対し、トマト大嫌いな裕ちゃんが一度「食べてぇえええ」「裕ちゃん今一瞬性別変わった(^^)?」「会場の声を代弁してみました(^^)」なやりとりを。夜は「笹茶パックしてるのー」。「…それは健康法じゃなくて《美容法》っていうんじゃないのっ(^^;」圭ちゃんにつっこまれてもうぐだぐだ(笑)。なんかミョーに言葉が足りないor突っ込まれるモードで、裕ちゃんがしみじみ「言葉が足りん子ぉでごめんなさいね(^^;」とお客さんに謝ってました。でもその空気感が、いとおしいし、うれしいんです(^^)。しやわせー。

・3人で歌うコーナーは、なっちの歌い出しに2人の声をかぶせてゆく「memory 青春の光」と、アカペラの歌い出しではじめる「真夏の光線」、そして前回に引き続き「黄色いお空でBOOM BOOM BOOM」。音響の悪さが残念だったけれど、横浜の頃には多分きれいな響きで満たしてくれるだろう前2曲、特に「真夏~」を楽しみにしています。そればかりを求めるのも失礼かな、とも思うのですが。間に合わなかった身としては、ひとつでもこうした「おねえさんちーむの、声の重なりのきれいさ」に立ち会いたい気持ちが強いです。前回の2曲(「サマーナイトタウン」「抱いてHOLD ON ME」)も嬉しかったけど、今回はなお。

・3人でやるからゆえ、といえば。アンコール2曲目に持ってきてくれた「ダディドゥデドダディ!」。目の幅で泣く、とは「BREaTH」誌のインタビュー記事でなっちが言ってたことばですが(初日を終えて、気持ちが溢れかえって)。いやもう、それはこっちの話でも。アンコール1曲目にいきなり「腕組んで帰りたい」を、前回と同じく終盤に袖にすっこんで2人を連れて、てな演出で見せてくれたのに「んー?もうこれで終わっちゃうのかー」とがっくりしてたら、あのギターイントロで。この選曲に、なっち自身の意思が加わっているのならば。これ以上のしあわせはありません。

・裕ちゃんのソロは前回と同様「DO MY BEST」。前回、ハロコン、握手会と歌う機会を重ねた分、お客さんをあっためる力のさじ加減が数倍巧みになった印象。圭ちゃんは「おもいで」(モーニング娘。「3rdパラダイス」所収)を。すみません、3rdは殆ど聴いてないので昼は分かりませんでした(^^;。お客さんの反応の薄さに、夜は(裕ちゃんと圭ちゃんのソロコーナーの後、2人のMCあり)曲名を上げ「いつぶりだっけ?(歌うの)」「武道館以来だよー」とアナウンスをさりげなく。圭ちゃん自身の持ち歌がない状況で、前回は全く違うひとの歌を歌っていたことを考えると、うれしい改変かな。勿論ベストなのは「彼女自身の持ち歌が出来る」こと、なのですが。

・2人とも、特に裕ちゃんは「これはなっちのソロコンサートなのだから」と、一歩も二歩も引いたスタンスを見せてらっしゃいます。確かにそうなんだけど、DVDパンフでなっちも言ってたとおり「ゲストじゃない」感覚、でもあるのよなー。3人それぞれのソロのコンサートを見たい、てな気持ちもあるけど。3人が居るからこそ見られる「しあわせ」感、もまた得難いもので。間に合わなかった者の繰り言かつ、今の娘。を否定するようにも聞こえるでしょうが(その意図はないのよ)。これはこれであってほしいなあ、と思う次第です。2人が居てくれるからこそ、なっちがより安心して舞台に立っている。そんな感覚があるんですよね。

|

« 導眠剤的映像(音声) | Main | (Melting down) The "Non-"Fiction »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1307320

Listed below are links to weblogs that reference I saw the "LIGHT":

» 安倍なつみコンサート@多摩 [おなじ星]
8月28日パルテノン多摩にて行われました、安倍なつみさんのコンサートへ行ってきま [Read More]

Tracked on 2004.09.03 at 10:57

« 導眠剤的映像(音声) | Main | (Melting down) The "Non-"Fiction »