« 新たな翼 | Main | 撮られるための表情ではなく »

2004.08.04

おだやかな嵐なんてあるものね

8/1のコンサートの終了後、「あな真里」で「I wish」が流れた途端に、はじめて喪失感の方が強くなりました。今回の卒業には「失う寂しさ」よりも「新たに生まれる」ことを思っていましたが。ラジオから流れる声の内「5人が、もうそこに居ない」ことには、やはり心が波立ちます。

幸か不幸か仕事が閑散モードだったこともあり、2日ほどどこかしら気持ちがふらついていたようです。ちなみになっちの卒業翌日は「見聞きするのすら辛い」ため、逆のTVザッピングをやってました(徹底して関連報道を避けていた)。この時は仕事が繁忙期の極みだったんで、それでまぎらわせていたような。

でも。Wの2人としても、12人となる新生モーニング娘。としても。「やるじゃん、娘。さんたち!」と思わせてくれる種はいただいています。その実りに、夏から秋にかけて会えることを。心より、楽しみにしております。

|

« 新たな翼 | Main | 撮られるための表情ではなく »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1116041

Listed below are links to weblogs that reference おだやかな嵐なんてあるものね:

« 新たな翼 | Main | 撮られるための表情ではなく »