« Protect me from what(why) I want | Main | いいこ いいこ(GOOD GIRL) »

2004.09.13

忘れるな、敵のゲートは下だ

オーソン・スコット・カード「エンダーのゲーム」の一文です(*)。

これを「忘れるな、これが【モーニング娘。】だ」と置き換えた言葉が、昨日のハロモニを見てからずっと私の中にあります。自分たちが生み(まれ)、慈しんだものがひとつの区切りを迎えようとする時に、これまで経てきた道程の光と影をカタチにして、残そうとしている。そして、「モーニング娘。とは何か」とのバトンを、次の世代へ必死に渡そうとしている。彼女たちの物語は始まりとは全く違う方向へと向かっていますが、節目節目で、おねえさんたちはこの気持ちを(別の)言葉で、態度で、そして背中で、示している。先の記事にも書いた通り、なちまり二人ごとしかり、裕ちゃん・圭ちゃん・圭織の三人ごとしかり、今期ツアーのセットリストしかり。そしてなっちがよっすいーに向ける笑顔と、裕ちゃんが紺野さんと亀井ちゃんを優しく見守る目線に、この言葉が離れなくなった次第です。

(*)本当は「思い出せ、敵のゲートは下だ(Remenber, the enemy's gate is down)」ですが、短編版(「無伴奏ソナタ」所収)でタイトルの言い回しもあったような。今手元に本がないので、うろ覚えで申し訳なし。あんど、小説において、この言葉が放たれた光景は全く違う状況と意味(であってほしい)です。

「こどもたちの(彼らが主体とさせられる)戦争状態」をテーマにした物語、という点では、「イリヤの空、UFOの夏」や、「最終兵器彼女」、「高機動幻想ガンパレード・マーチ」とも通じるものがあります。このどれかに聞き覚えのあるかたは、是非ご一読を。

ちなみにわたしは、気持ちがじたじたと空回りするときに、この言葉をつぶやきます。いくら惑ってあがこうとも、向かうところは「ひとつ」なのだと。

|

« Protect me from what(why) I want | Main | いいこ いいこ(GOOD GIRL) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1428805

Listed below are links to weblogs that reference 忘れるな、敵のゲートは下だ:

« Protect me from what(why) I want | Main | いいこ いいこ(GOOD GIRL) »