« 消えゆくかけらを | Main | Hold on, Go on »

2004.09.21

末の妹ではないけれど

昨日から始まった辻・小川「二人ごと」をにこにこしながら見ております。一夜目は、お互いがちょいと別の友達の方へ行っただけでヤキモチ焼いて喧嘩に→お互いどうしようと思いながら着地点を上手く見つけられずじたばた→おねえさんな石川さんに間に入ってもらったけど、結局仲直りしたのは石川さんが寝てる時、てな流れ。「二人(三人)ごと」史上、一番年相応な、あるいはいとけない(そしていとおしい)やりとりになりそうです(^^)。

年齢的にも、キャリア的にも「末妹」と呼ぶにはおかしい(し、それを突き抜けることを現在求められている)でしょうが。まわりをほんわり、にっこりさせる「空気」を作り出す「娘。さんたちの中の末妹(的立場)」は、辻ちゃんから麻琴っちゃんに、いい感じで受け継がれたと感じています。春コンでのクイズコーナー、やいやい騒いで矢口さんに「まこっちゃん、うるさい(^^;」とたしなめられても「ういーん」と逆に返してみたり。ハロプロonフレッツの動画(矢口with小川・紺野)にて、矢口さんに呼ばれて「どーもー、矢口真里でーす(^^)」とふざけてみたり。その間合いが、とてもいいんですよね。矢口さんも「ああもうっ(^^;」と口では返しながらも、うにゃあーっと甘え返してますし。彼女は後輩とそんなに壁を作るひとではありませんが、それでも5期・6期メンバーに対してほんのかすかに遠慮が見えるように思えるので。そこを巧く融かしてくれる(かつてはそれが辻・加護の二人だった)立場であってくれることを、心より嬉しく思います。

|

« 消えゆくかけらを | Main | Hold on, Go on »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1491383

Listed below are links to weblogs that reference 末の妹ではないけれど:

« 消えゆくかけらを | Main | Hold on, Go on »