« おはようございますの帽子屋さん | Main | 忍ぶることのよわりもぞ »

2004.11.30

第3回ハロプロ楽曲大賞2004

去年末にいろんなサイトの方がいろんな言葉で選考理由を述べられていたのがとても楽しそうでしたので、今年は私もおじゃまさせていただくことにしました>ハロプロ楽曲大賞

【楽曲部門】
3点:晴れ 雨 のち スキ(安倍Version)/安倍なつみ
2点:ふるさと(中澤Version)/中澤裕子
2点:サマーナイトタウン(モーニング娘。おとめ組Version)/モーニング娘。おとめ組
2点:愛あらばIT'S ALL RIGHT/モーニング娘。
1点:スカポロー・フェア/松浦亜弥

【PV部門】
3点:女子かしまし物語(パニックトレインVer.)/モーニング娘。
2点:だって 生きてかなくちゃ/安倍なつみ
1点:淋しい熱帯魚/W

【推しメン部門】
安倍なつみ

-------------------
【天空闊歩特別賞】として:
加護亜依「ダディドゥデドダディ!」(「ベストショットvol.2」所収)
(本来ならPV部門へ投票したいのですが、ノミネート対象外ですので。)
-------------------

選考理由は長くなりますので以下に。楽曲部門は何らかの「絵」や「ものがたり」が強く見える(見たいもの)を、PV部門は+「こころをわしづかみにされる力を感じられるもの」を主眼に、選びました。推しメン部門は…迷いつつも、やはりこの方に(^^)。

【楽曲部門選考理由】
●晴れ 雨 のち スキ:聴く度に、安倍さんの後ろの「あと7人の」さくら組のメンバーの姿を重ねさせてもらいました。なっちが磨き上げる、彼女の歌でもあるけれど。それ以上に、これは(極僅かな期間だったとはいえ)「8人の、モーニング娘。さくら組の」歌でもある、と感じています。なっちは長の助走を経て独りになったけれども。その後ろには、常に仲間達が居る。娘。時代の曲をカバーする時にも感じますが、この歌に、一番それを感じる思いがあります。

●ふるさと(中澤Version):ノミネート内では安倍ver.と、ノミネート外分ではオリジナル・矢口ver.・辻ver.と、聴きくらべをさせていただいた曲です。こちらでも書きましたが、他ver.が「旅立ちに際しての決意表明」と映るのに対し、中澤さんの歌うそれは、「離れて後、見える情景」を描き出した、と感じています。歳と経験を重ねたからこそ見えるもの、描き出せるものがそこにはある。彼女にしか出来ない故に、一番惹かれるものでした。

●サマーナイトタウン(モーニング娘。おとめ組Version):年端のゆかぬ子に、背伸びさせた歌詞を歌わせる時のあやうさ、"fragile"な感覚を、原曲とはまた違った意趣で描き出したと思える1曲です。田中さんの稚く響く声に、飯田さんの原曲より更に艶を増した声が重なるありように、原曲とはまた違った意味でぞくりとさせられました。

●愛あらばIT'S ALL RIGHT/モーニング娘。
「そうさ時代は~」のパート。安倍さん→辻さん→吉澤さん、と受け継がれていきました。飯田さん・矢口さんと共に「創り上げてきたんだよね」と、創造者・共走者としての思いを歌って娘。時代を最後とした安倍さん。どのメンバーも勿論ながら、多分歴代娘。内で一番、メンバー達に「そこに在ること」自体を最も愛された辻さんは、そのことを「ありがとねっ(^^)」とおねえさん(飯田さん・矢口さん)2人に礼して羽ばたいていった。そして今は、次の(それはもう「今」となりつつある)世代を担う、ゴロッキーズメンバと一緒に「支えていこうね・がんばっていこうね」と歌う吉澤さんに、託されています。どのメンバーも等価に(ファンからも、メンバーからも)愛されていますが。贔屓と偏見を承知で言わせていただければ、「メンバーが背中をもたせかけられる」ひとに、ここのバトンが受け渡されていくのかな、と思っております。

●スカポロー・フェア/松浦亜弥
原曲が好きなのもありますが、このアレンジ及び彼女の「声の質」に非常に惹かれました。「渡良瀬橋」のPVを撮ってくださった方の手で、なんとかこれを「絵」にしてもらえないかな、と。そんな(叶わぬであろう)思いも込めて、1票を投じます。

【PV部門選考理由】
●女子かしまし物語(パニックトレインVer.)/モーニング娘。
音だけ聞いた時は正直「…んー?」だったのが、「絵」で180度評価をひっくり返してくれました。これぞモーニング娘。の「楽しさ」の真骨頂!ともいう絵です。幸福感、という意味なら「真夏の光線」等の絵が上がるのですが。あのメンバーで、「いま」の幸せをめいいっぱい感じさせてくれたことは、とても大きかったです。

●だって 生きてかなくちゃ/安倍なつみ
「眼に力」があるひと、には問答無用で惹きつけられます。役者さんであれ、歌い手さんであれ、「舞台の上に立つ人」は何かしら持っているものですが。その中でも一層強い力を放つひとに、心とらわれる瞬間を求めて、いろんなものを見るのですが。ロケ地となった(であろう)東京キネマ倶楽部の雰囲気も含めて、一瞬にして心囚われた、忘れられない「絵」です。

●淋しい熱帯魚/W
夏のハロコンで披露された「おねえさんチーム」、もっと言えば保田さんのver.があればなあ、とも思うのですが。この歳の2人が歌うからこそ生まれる(サマナイやDHOMのように)「歌詞と歌い手のギャップ」の面白さ、もまた興味深い物でした。こちらの感想でも書きましたが、辻さんに後藤さんのダンスのキレ、加護さんに飯田さんの陰翳のある(そして清艶な)表情と、互いのお師匠さんの技が交差して伝わって見えるのも、非常に心惹かれる「絵」でした。

【推しメン部門選考理由】
プロフィールを見ていたければ分かるように、私はこの人のおかげで人生かーなーり変わりました(^^;;。ASAYANが苦手で(ですので未だにオーディション関係は苦手)アイドルにも興味がなかったというのに。あれよあれよと、ねえ…。一番印象深いことは、旧い知人にこのblogのアドレスを含めて連絡を取ったところ、「貴方は私の知ってるセレステさんですか?」と言われる始末(^^;。や、その方が知っている(知り合った)ジャンルとは全く違うといやそうですけど…文体が変わった意識本人にはなかったんですけどねえ。うう。

|

« おはようございますの帽子屋さん | Main | 忍ぶることのよわりもぞ »

Comments

Truly when someone doesn't understand then its up to other visitors that they will assist, so here it occurs.

Posted by: interstate removalists melbourne | 2015.06.16 at 01:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/2112207

Listed below are links to weblogs that reference 第3回ハロプロ楽曲大賞2004:

« おはようございますの帽子屋さん | Main | 忍ぶることのよわりもぞ »