« 櫛にながるる黒髪の | Main | お風呂ラジオ »

2004.11.05

酔ひもせす

ここ2、3日、中澤裕子さんのカバーによる「初恋」(「FOLK SONGS 3」所収)を繰り返し聞いております。元曲が好きなのもありますが、がらりと情景を変えて見せてくれる、彼女の「うたぢから」に改めて惚れたのが大きいです。
オリジナルの持ち歌もたくさんあるのに、カバーに惚れる、というのも(取りようによっては)失礼な話ですが。一度創られた世界を、新たな角度から見せて/魅せてくれる、というのも、歌うたいとしてのとくべつの力かと。

村下氏の元曲(「初恋~浅き夢みし」所収)には、年頃にして不惑辺りの男性が、胸を離れない往時の思い出を癒し薬として求める情景が浮かぶのですが。今回中澤さんがカバーしたそれには、思い出にひとつの区切りをつけ、昇華させようとしている、との情景を見ました。より具体的にいえば、サビに「浅い夢だから/胸を離れない」との言葉があります。これを、
◆往時の甘い思い出は胸を離れない。だからこそ、それを(時に)取り出して浸ることで癒し薬としたい=村下さん版
◆胸を離れない思い出の延長線上に今の自分が立っている、と心定めた上で。酔うには浅い(浅すぎる)夢だ、と、やさしいまなざしながらひとつの区切りをつけようとしている=中澤さん版
と感じたのです。

かつての思いもそれはそれで大事なものとする。ただ、それに耽溺することなく、新たな道へと歩を進めていく。ハロプロにおいて、いろいろな「初めての道」を歩む彼女のありようを、次のソロライブでどのように見せてくださるのか。心より楽しみにしております。

|

« 櫛にながるる黒髪の | Main | お風呂ラジオ »

Comments

よーちんさん経由で遊びに来ました。
中澤ねーさんの歌手としての活動が楽しみです。
運良く、一昨年「Folk Song 3」のライブを新宿で見ることができたことを今さらながらに思い出します。
卒業直後のごっちん、ソロ一年目のミキティー、年齢差のあるねーさんの織り成すハーモニーが微妙なのですが、心地良かったです。

Posted by: 休日出勤男 | 2004.11.13 at 01:42

初めまして&コメントありがとうございました。
FS3ライブは残念ながら映像版でしか(しかもCS放送版をざっと^^;)
拝見できていないのですが。「歌い手」としての経験値をぐんぐん積んだ
「いま」の状態で、あの3人があれらの歌をどう見せて/魅せてくれるのかな、
なんてことも考えてしまったりしております。

中澤さんはクリスマスに久々のソロライブですね。なっちコンでどんどん
パワーアップされてるんで、非常に楽しみにしております。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

Posted by: セレステ | 2004.11.17 at 21:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1875001

Listed below are links to weblogs that reference 酔ひもせす:

« 櫛にながるる黒髪の | Main | お風呂ラジオ »