« 酔ひもせす | Main | Standing at the crossroads (again) »

2004.11.09

お風呂ラジオ

なっちのコンサートMCで、「お風呂に(多分防水加工なぞしていないであろう^^;)DVDプレイヤーを持ち込んでゆっくりするんだ」というのは何度か出てきたかと。んで、圭ちゃんに「大丈夫なのー?」とツッこまれ「ん、一度それで壊れた」とそりゃまあ彼女らしいやりとりをほのぼの(そしてはらはら)しながら見ていたのですが…あれはいつのコンサだったんでしょうか。前回(あなた色)だったか今回(あなた色プレミアム)だったかなー。

私自身はお風呂大好き・長風呂でgo!な性分だったのですが。それは実家のお風呂が「追い焚き可能な仕様」だったからで。湯を張ったらちゃっちゃと入らなにゃあきません、なアパート生活だと、ついつい面倒がってシャワーのみ、になりがちになっております。特に夏場。お湯を張ってる待ち時間にちゃっちゃと汗を流したくてまずシャワーを浴び、それからもう一度お湯を張る、てな二度手間はなかなか取れませんで。

とはいえ肩こりと腰痛が持病の身としては、「風呂に浸かるのが一番」との自覚も他覚も(治療してくれるセンセに言われます。はい)しっかりあるので、対策として「お風呂ラジオ」を導入しました。実家時代から本はよく持ち込んでたんですが、ぼんやりするには視覚ではなく聴覚で時間を紛らわせる方がよりベターだったので。(つか、本だと目が逆に疲れすぎてしまうんですよね^^;夢中になりすぎて)。

使ってるのはSONY ICF-CD73V/L。買った当初はお風呂用のCD-Rをいろいろ焼いたりしておりましたが、最近はFMを聞くか、あるいはUSB接続のFMトランスミッタ(Logitec社製のこれ)で、iTunesやWinampの音源を飛ばしてのんびり、ということが増えました。好きな曲をじっくり聴くのも(選択の過程も)それはそれで楽しいのですが、会話なり他の要素なりの「next one」がぼやけて分からないほうが、よりアタマがぼけらーっとできるようで。
ちなみに今日は原田知世(「カコ」「summer breeze」「My Pieces」)とタンポポ(「TANPOPO 1」)からピックアップしたセットリストをつくって流しておりました。こころをのんびりおだやかにしてくれる声、という意味で、とても心地よいものでした。

日曜日だと時間によっちゃ「あな真里」をのんびり、てなこともあるのですが。流石に長丁場に過ぎるので、フルにお風呂場でってことはありません。持ち出してPC机の近くに置いて書き物、が多いですかね。

|

« 酔ひもせす | Main | Standing at the crossroads (again) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1905450

Listed below are links to weblogs that reference お風呂ラジオ:

« 酔ひもせす | Main | Standing at the crossroads (again) »