« 喫水線、あるいは | Main | そのたわいなさこそを »

2004.11.17

言葉にすると、消えてしまうから

心にしまいこむ。表に出さない。形にしない、という選択肢もある。逆に直截すぎると、その直截さゆえに裏を(言葉が示すことの、真逆の意味を)考えすぎることもある。

でも、ぴたりと時機が合ってくれれば、これほど嬉しいものはなくて。
肩を叩く励ましの手や、そっと差し出される(負けを示すのではなく、先へ進むために視界を拓くための)タオルになってくれそうで。思わず、予定には入れてなかった、さいたまのスポフェスのチケットまで取ってしまいましたよ。

矢口さんのラジオ音源で聴いたハロープロジェクトオールスターズ「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL !」。受け止め時によっちゃ「ベタだ」と一蹴してしまいそうなんですけど。今回は初聴時からすとん、と胸に飛び込んでくれました。ライブではどう見せてくれるのか、今から楽しみにしております。

|

« 喫水線、あるいは | Main | そのたわいなさこそを »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1983870

Listed below are links to weblogs that reference 言葉にすると、消えてしまうから:

« 喫水線、あるいは | Main | そのたわいなさこそを »