« お風呂ラジオ | Main | 喫水線、あるいは »

2004.11.10

Standing at the crossroads (again)

代々木SPで実際目にもしたし、何度か耳にもしていたのですが。最近になってようやく松浦亜弥版の「渡良瀬橋」が身体にじんわりしみてくるようになりました。森高千里版に格段の思い入れがあったわけではありません。(くっきりリアルタイムではありましたが(^^;)。)「いい歌だね」程度の残り方はしていますが、手元に置いたりするわけでもなく、ただ流れる歌が耳に残っていた、程度でした。

この曲について、松浦さんが「自分もこの秋にひとつ岐路に立った」といった意味合いの事を語っていた記憶があります。彼女の語る・そしてこの歌に込める「岐路」は、多分に彼女にとっての「初めての(躊躇をもたらす)分岐点」で。それについて、自分の選ぶ道をこれ、と、しなやかに示している感があります。それに対し、森高さんが歌うそれは「かつて分岐点に立ち、当時の選択の結果として今ある自分から、その分岐点を懐かしく思う」もので。
その2人の立ち位置の差が、私自身が元曲を聞いていた時から今まで経てきた時間と重なって、やっと響いてきたのかな、と感じています。

「売り渡す」とまではいかなくとも。どちらかひとつの道を選ばざるを得ないとなれば、「選ばれなかった」もうひとつの道もそこにはあるわけで。いま・選んだ道を示す松浦さんのありようと同時に、これから10年後に「そのことを懐かしく振り返る松浦さんのありようも、是非とも聴いてみたい、と思っております。

|

« お風呂ラジオ | Main | 喫水線、あるいは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/1916955

Listed below are links to weblogs that reference Standing at the crossroads (again):

« お風呂ラジオ | Main | 喫水線、あるいは »