« 二つのハート、無敵のキモチ | Main | かくあれかし、と思う時間を »

2004.12.11

Not only love, but also "with this" affection

てことで行って参りました、Port of Notesの久々単独ライブ「Evening Glow Release party」@代官山UNIT(12/10(金)19:40-21:20)。前売り完売というだけあって、会場はみっしり埋まって酸欠状態。実際終演後、一段奥へ下がっただけで空気の濃さが変わりましたもん。そんな中、お客さんはのんびりまったりモードで、たまに歓声が上がる程度(歓迎の空気はあるけど、それを「叫び声」という形にはあまりしないのね)。スタンディングで結構みっしり、というきつさを除けば、非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。

新作「Evening Glow」の発売記念、と銘打つものの。実質は旧いアルバムからの曲も満載で、3年ぶり(だっけか?)の単独ライブとしての色合いが強かったような。むしろ先日の新宿タワレコでのインストアライブの方(ここに感想を書いております)が、「新アルバムお披露目」の色目が強かったような。12/1にも渋谷タワレコでのインストアライブがあったそうですが、こっちのセットリストはどうだったのかしらん。

私としては是非ともライブで聴きたかった「(you are)more than paradise」が生で聴けて非常に嬉しい!原曲より、結構南国テイストの入ったアレンジに変えてあったんで。イントロで一瞬「…き、期待していいのか、これ?」と迷ったんですけど。いやもう、恥も何もしったことかと涙こぼれましたもん、嬉しくて。これ以外にも「with this affection」やら「さらば」「真夏の行きつく果て」「sailing to your love」なんて懐かしい曲もたっぷりと。「with this~」と「(you are)more than~」の連チャンも、また嬉しさに拍車を。

MCは主に畠山さんが担当。歌はしっとりなんですが、しゃべるとひじょーにオトコマエなのがまた頼もしいギャップで(^^)。変わって大介くんは基本が無口。テンパってるから、とてもじゃないけどしゃべりまで気が回らないんだそうで。ライブ、という機会ではついつい畠山さんソロを見てしまうんですけど。こうして久々に「Port of Notes」名義でやってくれたんよなあ、と、改めて思った次第です。

また、アンコールのシメが「complain too much」かと思いきや。もう一度アンコールでDr.のお兄ちゃん(Double Famousの方でしたが、お名前失念。失礼をば)が「もう一曲聴きたいー!?」とお客さんを煽り、「俺はこれを叩くために今回のドラムを引き受けたんだー!!」と再度火をつけてくれたのが「you gave me a love」。ああもう、こんなにお腹いっぱいにさせてもらってどうしましょうか(^^)てなセットリストでした。旧作で彼らの事が好きになった、というのであれば(勿論新作で好きになっても、ですが)ぜひぜひ、足を運んでいただきたいライブでしたわ。いやほんと。

以下は全く余談。(なので「それでもいっか」な方だけ続きをどうぞ)

「not only A but also B」(AだけではなくBも)の構文を覚えたのは、学校の授業ではなく「うしろゆびさされ組」の歌のタイトル(「のっとおんりいばっとおるそう」でした…。

また。「Not love, But affection」(最初はこっちにしようかなー、と思った)は伸たまきさん(現・獣木野生さん)のパームシリーズのタイトルです。また、ハスラー・アキラさんの「売男日記」(こちらで購入できます)の、以下の文章にも、心を惹かれていたので、その2つからいただきました。

【引用始まり】

愛という言葉よりも慈しむという言葉の方が、ぼくの身体にはしっくり来る。こんなにアメリカやヨーロッパの文化に身を浸しきりながら、「愛」の文化にだけは馴染みきる事が出来ずにいる。

The word "affection" rings truer for me than does the word "love".
I don't truck with how it's used nowadays. Now, I don't mind being overwhelmed in European and American culture, but I don't want to be inundated by a "love" culture that I'm not confortable with.

【引用終わり】

愛と慈しみの差って、なんなんでしょうかねえ…。

|

« 二つのハート、無敵のキモチ | Main | かくあれかし、と思う時間を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/2228498

Listed below are links to weblogs that reference Not only love, but also "with this" affection:

» Evnening Glow Release Party! [うさぎ日記]
待ちに待ったPort Of Notesの ワンマンライブを見に代官山UNITへ。 スタンディングなのに整理番号がないので 開演45分前に会場へ行く気合の入... [Read More]

Tracked on 2004.12.13 at 02:46

« 二つのハート、無敵のキモチ | Main | かくあれかし、と思う時間を »