« Not only love, but also "with this" affection | Main | てはつたえる »

2004.12.11

かくあれかし、と思う時間を

普段は手に入れてもまとまった時間がある時にしか聴かない(ごめんなさい)んですが。何かと評判が良さげなので、昨日夜中に目が覚めた時に作業事しながら聴いてみました、4期同士な石川さんのラジオwith吉澤さん(生放送ゲスト)。ピンの放送よりは、「メンバー同士がおしゃべりしてる」のを聴ける方がより楽しく感じる性分なのですが-例えば昨年の「ハロプロやねん」だったり「しんドル」など-「気心知れた」同期の良さが最大限に出た心地よい時間だと、ずっとにこにこさせてもらえました。CMで邪魔されないというのもまた貴重ですよね。(CMはそれはそれで大事なんですけど。リアルタイムじゃないとつい飛ばして時間節約しちゃうもんですから)

同期、といえば。この2人では喧嘩をしたことはないそうで。辻・加護の2人が喧嘩してるのを止めるのでまずいっぱい。あとは石川・加護で喧嘩、一度だけ加護・吉澤で喧嘩したこともあったとの由。Wの2人のエッセイと併せて聴くに、くっきり眼前に光景が浮かぶような話でした。ええ。
「同期」というものを一切持たないわたしには、そのことも含めてあこがれの空気をそこに見る感覚があります。あのグループには何組も「同期」があるけど、4期の4人についてはなんだか特別感を抱くのですが…その理由のひとつ、を垣間見せてもらった気がします。

最後の曲が「I&YOU&I&YOU&I」ってのが、またふるってるなあ、と。歌自体はほほえましい恋愛(の希望)を歌ったものですが、そこに余人を以て代え難い「同期」としての絆、を重ねて見た時に、ほっこり気持ちがあたたかくなりましたので(^^)。

なかなか望むには難いものもあるでしょうけれど。こういう時間が、もっと多く、そして長くあって欲しい、と思うのは…欲張りすぎですかねえ。

|

« Not only love, but also "with this" affection | Main | てはつたえる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/2228512

Listed below are links to weblogs that reference かくあれかし、と思う時間を:

« Not only love, but also "with this" affection | Main | てはつたえる »