« ベクトルの彼方で待ってて | Main | 別の名を「火変り」 »

2005.01.20

Ranunculus

1月20日の誕生花は「キンポウゲ」あるいは「スハマソウ」。それぞれ花言葉は「こどもらしさ」と「信頼・慕われるひと」だそうです。ふむ、どちらの言葉も彼女にぴったり、ですね。(科と属は同じなので、どちらを採っても大丈夫…のはず。ざっくり調べただけなので、詳しい突っ込みはご容赦を)。

仲良しさんなおねえさんメンバー(というか特に安倍さん。今冬ハロコンのDVDパンフ見てびっくりしましたもん)にはべったり甘えん坊。どんどん増えていく年下メンバにも、マネなんて形で指摘されるほど。でも、その指摘はとても敬愛の情に溢れたもの。決して揶揄する響きでもなく、「(それも含めて)彼女なのだ(^^)」と慕われる思いの証左。そこに至ったのは、人一倍努力をしつつもそれを決してひけらかさない・他人に強制しない姿勢ゆえでしょうね。甘えてももらえるけど、ぴしりとしめるべきところは締める。2月からは、新しい時代がはじまります。渡されるバトンの思いも重さも、あなたなら十二分にその意味をご存じでしょう。3代目の責務について、以前も書きましたけど、全く心配はしておりません。

また、相手に負担をかけない(そうと気づかせない)細やかな気遣いさんでもある。個人的にはハロプロの中で一、二の気遣い上手だと思っております。ひいき目も大いにありますし、真逆の見方(見られ方)も存じておりますが…それでもなお、この思いは揺るぎません。

改めて、お誕生日おめでとうございます、矢口真里さん。
これからの1年が、あなたにとってより幸いの大きいものでありますように。

|

« ベクトルの彼方で待ってて | Main | 別の名を「火変り」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/2633244

Listed below are links to weblogs that reference Ranunculus:

« ベクトルの彼方で待ってて | Main | 別の名を「火変り」 »