« I love you for what you are -こたえは、そこにある | Main | 内なる感情の映し鏡 »

2005.02.13

今の貴女が創る色は

安倍なつみ 日本青年館'05レビュー&コンサート
「むらたさ~ん、ごきっ?」
2月13日(日) 13:35-15:30 @日本青年館
(レビュー部分約30分/5分転換/コンサート部分約1時間)

13日の昼も懲りずに行ってきました、日本青年館。今日はお隣が珍しく女性の方でした。(軽めに手振りはするけど、基本的にお行儀はよろしい。とても気持ちよく見ることが出来ました)ハロプロのコンサートについては、基本的にファミリー席で見たいわたくし。自分の意志と関係なく「立たされる」&諸々の嫌な思いをするくらいなら、ずっと座って心動かしていた方がいい、と思うので。他のコンサートやライブはまた異なりますが。

1日おいた(2ステおいた)だけですが、安倍さんの光はさらに増していました。うん、舞台に立つ人はこうでなくちゃ、ね。日に日に、元通りの、そしてそれ以上の「歌うたい・安倍なつみ」が、戻ってきてくれています。そのことが、本当に嬉しいです。

あ、ちなみに1F最前列つぶしてカメラが入っていました。2Fの左側にも確認(右側は分かりませんでした)。どのような形で販売されるのかは分かりませんが、ぜひとも「映像」として私たちの手元に残る形にしてほしい、と切に望みます。

で、以下は1曲のみセットリストについての言及があります。お嫌な方は、回避をお願いします。

コンサート部分は基本は一緒ですが、回によって「First Kiss」を歌う時と、「涙が止まらない放課後」を歌う時、と2組のセットリストが存在する模様です。私が見た回は2度とも「涙が止まらない放課後」でしたが、機会を得て(…)前者も聞くことが出来ました。

あまりにもコドモコドモしている声はちょっと苦手で、あぁ!verはあまり聞かずにいたのですが。2004夏メロンDVDの「First Kiss」(村田・柴田ver.)でこの歌にがっつりはまりまして。歌い手が変わるとこうも情景が変わるんだ!と感動してたとこに、冬のハロコンで全く違うメンバー(紅組が田中・松浦・鈴木、白組が辻・夏焼・前田)による披露があって。んで、極めつけになっちのこれ!いやもう、一番聞きたかったひとですよ、これは。

村田さんと柴田さんのver.は、first "kiss"じゃなくてもう少し先を思わせる艶っぽい歌。年の頃で行くと18,9の、オンナノヒトへ向かう頃かなー、と。DVDの映像付きで見てても「色っぽいねー」としみじみしてましたが、音声だけ抜き出して聞いてると、ほんの少し残る柴田さんの甘さと、村田さんのいい感じの艶っぽさがきれいにかみ合ってとても好きです。

で、安倍さんのそれは、15,6くらいの、ホントのfirst "kiss"だなあ、と思わせる絵を思わせてくれます。当時の田中さんより+1コ2コ上、くらいな感覚。歌ってる本人はメロンver.より年上なんでしょうが(村さんと同じ歳でしたっけ)、高校生になったくらいのコが、ちょっとオトナぶってみたくって、てな背伸び感-歌詞の世界を、ホントそのまんまに-をぽん、描いてくれてる、との感覚があります。

この歌の本来の楽しみ方としては、まだまだコドモな(最年長でも14歳)メンバーが、大人びた歌をうたうあやうげなところを愛でる、というところにあるのでしょうけれど。私個人は、出来ればおねえさん(あるいはおねえさんに近い)メンバーに、それぞれの色彩を乗せて歌って欲しいなあ、と思っております。実際に聞いてみたいのは、安倍さんのそれに近い年齢感だと…矢口さん。村田さんと柴田さんのver.よりもう少し色っぽさを増したものだと、アヤカさんかな。

|

« I love you for what you are -こたえは、そこにある | Main | 内なる感情の映し鏡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/2912228

Listed below are links to weblogs that reference 今の貴女が創る色は:

« I love you for what you are -こたえは、そこにある | Main | 内なる感情の映し鏡 »