« いますてきなレディになる | Main | Written "world" »

2005.02.24

愛に竦まないひとだから

小川麻琴さんの写真集「小川麻琴」と、仕事場近くの本屋でばったりお会いいたしました(^^)。

頂点に、中心に居ることを当然とする笑顔もある。不安に揺れつつも、そのあわいを上手く捉えた笑顔もある。努力を積み重ねた上で、困難を乗り越えた「結果として」得た笑顔もある。自分への自信が生み出す笑顔もある。そのどれをも、わたしにとっては「いとおしい」ものでした。

しかし、小川さんの笑顔は上記のものとは全く異なる分野に属するもの-「愛を受け止めることにも、愛を分かち合うことにも、躊躇も過剰もなく真っ直ぐで居られる笑顔」だ、との思いがありました。ひまわりのように、まっすぐ光に伸びてゆく笑顔。目指すところは、ただひとつ。そのことに疑問を持たず、ただひたすら、まっすぐである。撮られた時期とは違うかもしれませんが。表紙および裏表紙を飾る彼女の笑顔は、真夏の雲一つない青空と、降り注ぐ光と、その下に居る「心地よさ」を感じさせてくれるものでした。その「真っ直ぐさ」を以て、彼女は仲間達に愛され、そして(意識する・しないに関わらず)愛を惜しみなく与えていたのかなあ、と思うのです。

また、この前日。友人から「買えたよ!」とのお知らせメールをいただきまして。事実のみを告げる、ごくごく短い文面ながら。字間からは友人の、心底嬉しそうな笑顔と気持ちが、手に取るように伝わってきて。「買えた」嬉しさにこちらもにこにこさせてもらうと同時に、その気持ちをお裾分けしてもらえたことに、改めて「よかったあ(^^)」との、あたたかい気持ちにさせて頂きました。

私が本と出会ったのはお昼休みの終わりかけ、時間にしてごくごく短い時間でしたが。実際この目で表紙と裏表紙を見せていただいて。上に記した印象と、そして友人から分けていただいた「うれしい」気持ちの両方に、ほっこり、胸にあたたかい気持ちを灯していただけたことを、記しておきます。

|

« いますてきなレディになる | Main | Written "world" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/3063001

Listed below are links to weblogs that reference 愛に竦まないひとだから:

« いますてきなレディになる | Main | Written "world" »