« ものやおもふと | Main | 光が内に満ちていたなら »

2005.05.29

万全の布陣で臨み、破竹の勢いで進む

美勇伝 ファーストコンサートツアー2005春 ~美勇伝説~
2005年5月29日(日) @東京厚生年金会館
15:30-16:50

残る者にも、羽ばたいてゆく者にも、等分の「ハッピー!」を渡してくださった5/7の武道館コンサートから三週間。石川梨華さんの、新しい一歩を踏み出す場に参加してきました。

オープニングと終演後、心の底から湧いてきたのは「石川さんのファンはホントに幸せだろうな」という思い。新たな同志に、強力な助っ人。そして一級の導き手を舞台に揃えた状況に、「周到に備えを持った上での、将の出陣」との言葉が浮かびました。

正直、石川さんが「ひとり」で舞台に立つことには(ファンの方、ごめんなさい)少し不安定感を感じるのですが。三好さんと岡田さんという「チーム」を組むことで、安定感と飛躍感-三人だからこそ出来る"切磋琢磨"-を強く放っている、と思えました。昨年秋のツアー初日、座間でお披露目された時とは別人ですもの、3人の面構えが(^^)。

以下、ネタバレありの感想となります。

セットリスト情報はコンサスレFAQをご覧下さい。

◆事前情報はなかったのですが、やはり3人でこの持ち歌数で、となるとゲストは欲しいところ。そして、カントリー娘。と稲葉貴子さんがゲストとして出演していらっしゃいました。最高のバイプレイヤーであるためには「ピンで立てるだけの能力」があること、そして主役を立てるだけの、緩急自在な力の加減が必須でしょうが。稲葉さんはまさにその点で適役だと思っております。後藤さんのライブに帯同した後、後藤さんがぐいぐいと伸びたのは(もちろんメロン記念日との切磋琢磨もあった上で、ですけど)彼女の力もあるなあ、と感じておりますので。

◆持ち歌はC/W合わせて6曲のみ。とすれば必ず「誰か別の人の曲をカバーする」ことは確実。そのパズルをどう解くか、ということが見る前の楽しみのひとつでした。「3人」の人数つながりからプッチモニ。まではぼんやり予想していましたが…後はいい意味で驚きの連続。今回のカバー曲選択のキーワードは「ミドル~アップテンポ(ノリのよいものであること)」及び「デビュー」なのかも。岡田さんは後藤さんの、三好さんは藤本さんの、石川さんは松浦さんの、それぞれ「デビュー曲」をソロコーナーで歌ってらっしゃいましたし。

また、今回は一切「モーニング娘。」及び「カントリー娘。に石川梨華」時代の曲のカバーはなし。少し乱暴かもしれませんが、「継ぐべきものは継ぐけれど、なるべくは新たな色の伝説を創る」ことなのかな、と。プッチモニ。は保田さん→石川さんの継承ライン。メロン記念日のカバーは石川さんと柴田さんの友情のつながり。(「ガールズパワー 愛するパワー」は、確か石川さんがメロンライブでペンライト振った、という曲だったような)。そして忘れちゃいけない「おとめ組」。こちらの曲も好きなのですが、個人的には「愛の園~Touch my Heart~」の方がより好きなので(^^;これだけちょっとばかし残念、かな。

◆セットリスト情報「のみ」をご覧になられた方で、彼女たち以外のひとに思い入れの強い方は拒否反応を示すかもしれません。が、ワガママな謂いでしょうけど。DVDでもいいですから、とりあえず「見た」上で、その上で可否は申して下さい、と切に思うです。これはこのコンサートに限らず、どのナマモノに対しても同じスタンスなんですけどね。

|

« ものやおもふと | Main | 光が内に満ちていたなら »

Comments

はじめまして。
自分は初日を見たのですが、記事内容がとても共感でき、思わずコメントをさせていただきました。^^
特に最後の部分は、私もまったく同感です。
(あ、自分も圭織4/8行きました♪)

Posted by: ひでやん | 2005.05.31 at 00:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/4328470

Listed below are links to weblogs that reference 万全の布陣で臨み、破竹の勢いで進む:

« ものやおもふと | Main | 光が内に満ちていたなら »