« それでもなお、な | Main | 新津保建秀写真展『記憶』 »

2005.06.15

Musical Baton(ミュージカル・バトン)-おとを、つなごう

TMQ-WEBのとみぃさんから、バトンを回していただきました。
前サイト「とみぃの宮殿」時代よりずっと楽しく読ませていただいていたのでちょっと、どきどきしながら書いております(^^;。

音楽についての質問に答えて5人にバトンを回す、というこちらの企画。どうやら海外のBLOGが発信元のようですが。洋の東西問わず、おもしろいことはこうやってつながっていくのですね。

前置きが長くなりましたが、フォーマットに従って以下つらつらと。

■今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
34.34GBでした。全てCDからリッピングしたものですが、手持ちのものは4割程度。あとはレンタル+図書館で借りたもの。音楽はiBook+harman kardonで聴いてます。iPod(初代)が使いたくて、iBookと一緒に購入しました。

■いま聴いている曲
薬師丸ひろ子の「過去からの手紙」(アルバム「夢十話」収録)。女優さんとしてのイメージが強いひとですが、わたしにとっては「歌うたい」さんとしての重みも等分。原田知世も同じ意味合いをもってますが、今の気分はこちら。

■最後に買ったCDを5枚
SINGER SONGER「初花凛々」(初回限定版)
安倍なつみ「夢ならば」
鈴木祥子「Shoko Suzuki Best Collection」
Port of Notes「Complain too much」
畠山美由紀「3 Different Tones」

よほど気に入ったアーチストのものか、店頭で偶然呼ばれるかしないと最近は「買う」ことはないです。大抵はレンタル。逆に曲のダウンロードは未踏の地。その分、ライブや芝居といった「なまもの」を見ることに、お財布の中身をつぎ込んでおります(^^;。

■よく聴く、または特別な思い入れのある5曲
特別な思い入れのある5曲を選んでみました。

・PSY・S「WOMAN・S」
初めて足を運んだコンサートは、アルバム「TWO HEARTS」発売ツアーでした。ネットことはじめは、パソコン通信(Nifty-Serve)上にあった、彼らのファン掲示板(HomePartyと呼ばれるシステムでした)への参加でした。10年以上わたしの中にある音楽の中でも、いくつかの分岐点に必ず流れていたのが、この歌でした。

・REBECCA「Nothing to lose」
音も声もまだまだ若い、いや、拙い、と(今となっては)思う部分も強いのですが。この時だからこそ出せたアオさと疾走感が、ずっと身体に残っています。何かしら迷う時に、側におく一曲です。そう、どちらにしても「ドアを開けるのは自分」なんですよね。

・渡辺美里「Steppin' Now」
自分の一歩先を走るカッチョイイ姉貴分、と思っていたみさっちゃん。ずっとずっと続くと思っていたけど、西武球場での恒例夏ライブも、今年で終わり。一度でいいから、夏の夜空に(今はもう屋根が出来てしまったので、音が戻ってきてしまうんですよね)すとん、と抜けてゆく「おだやかな嵐なんてあるものね」との囁きを聴いてみたかったです。

・鈴木祥子「風に折れない花」
PSY・Sがいろんな「ことはじめ」や「分岐点」にあったとすれば、彼女の歌は「ひととわたしをつないでくれる」もの、でした。友人をネットの世界に誘ったのも、私自身がハロプロへと導かれたのも、このひとの歌がきっかけでした。

・Judas Priest「Heavy Duty/Diffenders Of The Faith」
本来なら2曲なんですが、あえて「1曲」の扱いを。というのも、劇団☆新感線は必ずこの曲+新幹線の発車ベルで開演、になるんですよね。どの劇場であってもそれは同じ。新橋演舞場でも、帝国劇場でも、きっちりこの曲が大音量で響いてくれました。「音楽」という関わり方とは少しずれますが。こういうきっかけの「好き」もありだよね、ということで。

■バトンをお願いします、な5人の方
いつも更新を心待ちにさせていただいている皆様の中でも、特に「好きな音楽と、それにまつわることば」を読みたい!と思う方々です。面識ナシの突撃バトンで申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願い致します。

mergさん/「気がつけばこの場所に
ハロー!プロジェクトのみならず、いつも対象に穏やかな愛情を注がれる文章をつむいで下さる方、との思いがあります。SINGER SONGERの初回限定盤(DVD付)は、mergさんの6/9付の記事にて知ることが出来ました(^^)。ありがとうございます。

あれっくすさん/「missing☆piece
ボサノバやGSだったり、さまざまな「音の楽しみ」を教えてくださる方、との思いがあります。鈴木祥子さんについて書いていらしたのがきっかけで、安倍なつみさんに深く傾斜することになりました(^^)。

サジーさん/「ダンスナンバー
「にこにこ」が服を着て歩いていらっしゃる方、との思いがあります。ハロー!プロジェクトのメンバーから頂いたあったかい気持ちを、更に倍増してお裾分けしてくださるおかげで、彼女たちへのいつくしみを増すことが出来ました(^^)。

チルさん/「Chillin' Days
まっすぐな愛情を持つ方、との思いがあります。自分の「好き」という思いにも、そのことを表すことにも、とてもまっすぐ。漫画や本への「好き」の方向性が似ているので、ぜひ音楽についてもお伺いしたく(^^)。

チュンセとポウセさん/「何をちょこざいなお月様
磨かれた水晶玉を思わせる言葉を、ひとつずつ丁寧に並べてゆかれる方、との思いがあります。うつくしいことばと、うつくしいおとと。お眼鏡にかなうものを、そっと教えていただけると嬉しいです(^^)。

|

« それでもなお、な | Main | 新津保建秀写真展『記憶』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/4558908

Listed below are links to weblogs that reference Musical Baton(ミュージカル・バトン)-おとを、つなごう:

» 「Musical Baton(ミュージカル・バトン)」 [TMQ-WEB]
 「Musical Baton(ミュージカル・バトン)」という企画を知っています [Read More]

Tracked on 2005.06.15 at 02:11

» Ela E' Carioca (Joao Gilberto) [【ponty's music lounge】]
World-Brasil-Bossa Nova : ★★★★★   Ela E' Carioca   本当の意味で自由に演奏しているといえるのかもしれないです   ボサノバブームは終焉の時を向かえ、アストラッドとは別れアメリカを離れメキシコで不遇な生活を送っていた時期のジョアン・ジ... [Read More]

Tracked on 2005.06.15 at 20:40

» 再び盛り上がってまいりました+お知らせ [気がつけばこの場所に]
ごっちんの義経再登場、そして新譜プロモーションが引き金となって、徐々にまた元気に... [Read More]

Tracked on 2005.06.15 at 21:55

» [electronic media]Musical Batonを受け取り、放つ [何をちょこざいなお月様]
「天空闊歩」のセレステさんより「Musical Baton」のバトンが回ってきました。とても有り難いことです。下記、フォーマットに従って埋めていきます。 Total volume of music files on my computer → コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量 15.96GB ネタ音が少しずつ増えてきておりまして、その量を算用するのがこの上ない娯楽となっています。CDのエンコードはすっかり飽きちゃった。 Song playing right now → 今聴いている曲 ・... [Read More]

Tracked on 2005.06.16 at 00:30

» 復帰です+Musical Baton [気がつけばこの場所に]
2日ほど意味不明な不在通知を投稿してしまいましたが、無事、東京に戻ってきたので復... [Read More]

Tracked on 2005.06.18 at 22:44

« それでもなお、な | Main | 新津保建秀写真展『記憶』 »