« Musical Baton(ミュージカル・バトン)-おとを、つなごう | Main | わたしの「必要不可欠」-Reading Baton »

2005.06.19

新津保建秀写真展『記憶』

表参道にあるアート系本屋さん+カフェ屋さん+もろもろ屋さんのNADiffで行われている、新津保建秀氏の写真展を覗きに行ってきました。この方のお名前を知ったのは「Hamilton Island」や「飯田圭織写真集 かおりKAORI圭織。」のおかげ。今回は別の本屋で見かけた表紙絵の、白に薄く重ねる蒼色の使い方に惹かれて、「他にはどんな写真を撮ってらっしゃるんでしょ」とてくてく散歩に行った次第です。

写真自体という意味では…うーむ。被写体への思い入れと知識が全くないせいか、人物の写真へはあまり心が動かなかったのですが。表紙のカットや、また、庭園及び水面に映るその風景-勝手な想像での謂いをお許しいただくなら、鎌倉の秋を思わせるその絵-に、「ああ、この色味に呼ばれたんだな」としばし立ち止まっていました。

また、そう広くはない店内の、かなり狭いスペースに、10枚にも満たない写真の展示。中でも、バインダーファイルに基盤(グラフィックボード?)を置き、そこから小さなサイズの液晶画面(女性の掌サイズの)をむき出しのコードで接続し、写真集の中身とおぼしき映像を延々流しているインスタレーションは非常に印象的でした。

ハロー!プロジェクトのメンバーたち。彼女たちのある姿と、求められる姿と、その両方とも合致しない思いかもしれませんが。「ひとりの女性としての」姿を、もし機会が在るなら撮ってもらいたい。そんなことを、ふと思った時間でもあります。

時間がなかったので、久々の来訪(以前トリのマーク(通称)という劇団が、この本屋さんで公演を打った時に伺いました)は駆け足でしたが。普段自分がマメに覗かないジャンルの本棚には非常にわくわく(^^)。別に「オベンキョ」じゃないんだから、自分の好き・嫌い一本勝負でこういうものにざくざく触れて、判断の引き出しを増やしておくのもオモシロイよなー、と呟いてみたり。

|

« Musical Baton(ミュージカル・バトン)-おとを、つなごう | Main | わたしの「必要不可欠」-Reading Baton »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/4613312

Listed below are links to weblogs that reference 新津保建秀写真展『記憶』:

« Musical Baton(ミュージカル・バトン)-おとを、つなごう | Main | わたしの「必要不可欠」-Reading Baton »