« 新津保建秀写真展『記憶』 | Main | 熱い紅茶とマドレーヌと-Theatrical Music Baton »

2005.06.28

わたしの「必要不可欠」-Reading Baton

ハロプロの2003年シャッフルのテーマは確か「人に欠かせないもの」としての塩・空気・水でしたっけ。その段で行くと、「読書(文字)」と「ナマもの(芝居/ライブ/コンサートetc)」を併せた5つが、わたしには必要不可欠なものとなっております。

てことで、遅くなってしまいましたが。「Chillin' Days」のチルさんより6/19付けの日記でいただきました「Reading Baton」、回答させていただきたいと思います。

----------------------------------
■お気に入りのテキストサイト(ブログ)
アンテナに入れさせていただいているところは勿論全て「お気に入り」なんですが。そちらは基本的にハロプロ系。今回は「芝居といえばこの方」なサイトから。

演劇◎定点カメラ」(まねきねこさん)

わたしのネット生活の始まりは、Nifty-Serve内の「演劇フォーラム」の会議室にありました。その当時からまねきねこさんは、ご覧戴く本数、揺らがない視点、軽妙かつシンプルな語り口と抜きん出た文章力で、ずっと注目されていらした方でした。

個人で蓄積されているものとしては、かなり緻密な公演データベースにもなりうるこのサイト。見逃した芝居に「しまったー!」と叫んだり、「あ、こんな演目がこれからあるのね。忘れないようにチケット取らなきゃ」とのリマインダとさせていただいたり。私の、芝居モードにおける「私的ポータルサイト」のひとつとなっております。

■今読んでいる本
通勤鞄に入れているのは大森望『現代SF 1500冊 乱闘編 1975~1995 』(太田出版)。寝る前本なのはその時々ですが…昨夜は嵐山光三郎『文人悪食』(新潮文庫)。

SF読み、というほどSFは読めてないのですが。大森さんの『本へいざなうことばの力』は好きなので、図書館で出会った時に『ご縁だ!』とさくっと借りてきました。対象への愛情は勿論のこと、門外漢やジャンル違いで敬遠する身を『面白そうかも』との思いへいざなう言葉の力に、『本の雑誌』で惚れ込んで今に至ります。(←リンク先は「WEB本の雑誌」となっております)

文人悪食』も、同じく『本の雑誌』の書評で手に取ったような記憶が。既にものがたりが身体にしまわれているものを、のんびり眺めながら眠りに落ちるのが好きなので、大抵寝る前本は既読本を選んでいます。著名な文人の『食に対する距離』を並べたこの一品、食の視点からも、文学史の視点からも(学生時代はへろりと授業で撫でた程度でしたが)面白い切り口になっております。

■最後に買った本
記憶にあるうちで直近なのは『ヒトのオスは飼わないの?』(米原万里・文春文庫)ですが。鞄に本がないとガマンできない性分なんで、突発買いしたものもままあるかも。米原さんの文章は良質のウェルメイド・コメディを鑑賞している気持ちにさせていただけるので、文庫落ちしたら必ず買うようにしています。ごめんなさい、ハードカバーは流石にざくざくとは買えませんので(^^;。

■好きな作家
即答するのは赤江瀑・池波正太郎・恩田陸・高村薫・鷺沢萠。そのほかにも「好き!」という方はたくさんいらっしゃいますが(割と作家に惚れてその作品を一気読みするタイプ)、そらでぱっと浮かぶのはこの方々。基本的に日本の小説・エッセイが好きです。

■よく読むまたは、思い入れのある本
O.S.カード『エンダーのゲーム』(ハヤカワ文庫)
高村薫『神の火(上巻)/(下巻)』(新潮文庫)

遠征や帰省や旅行などで長時間うちを離れる時、あるいは泊りがけでどこかに出かける時は、たいていこの3冊のうちの1つが入っています。十二分にものがたりはからだにしまわれている。その安心感が、見知らぬ土地での不安感を和らげてくれる…そんな思いがあるから、でしょうか。でも、結局「別の、まっさらなものがたり」に浸りたくて、旅先で新しく本を増やすオチがついてきますけどね(^^;。

■この本は手放せません!
本、というよりは…芝居の公演パンフレット、ですかね。チラシや半券はクリアファイルにファイリングしていますが、パンフレットは版型がまちまちなので保管しづらいことこの上なし!引越や大掃除で涙を呑んで処分したものもちょいちょいあるのですが、劇団☆新感線のパンフレット-中でも「魔性の剣-Susanoh 3-」や、「野獣郎見参!」(初演版)、「阿修羅城の瞳」(新橋演舞場初演版/芝居としては再演にあたるもの)については、絶対手放せないなあ、と思っております。

■次にバトンを渡すヒト3名
うーんうーんうーん。
あの方の本棚を見てみたい、との思いもあるのですが。既に回っていらしたり、そもそもワタシのところで長く塩漬けにしてしまっていたので、そっと軒先につるして乾かしておきます。もしご希望の方がいらっしゃいましたら、そのままお持ちいただければ幸いです。

|

« 新津保建秀写真展『記憶』 | Main | 熱い紅茶とマドレーヌと-Theatrical Music Baton »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/4749067

Listed below are links to weblogs that reference わたしの「必要不可欠」-Reading Baton:

« 新津保建秀写真展『記憶』 | Main | 熱い紅茶とマドレーヌと-Theatrical Music Baton »