« わたしの「必要不可欠」-Reading Baton | Main | 方円の器に随う »

2005.06.30

熱い紅茶とマドレーヌと-Theatrical Music Baton

Musical Baton,Reading Batonと2本のバトンをいただいきました。そのほかにもコミックだったりプロレスだったりといろんなバトンが回っているようですが、このたびひそやかに「芝居で使われていた音楽」についてのバトンをこしらえてみました。

質問内容は以下の1つ。
-----------------------
■あなたにとって忘れられない、劇場で流れていた音楽を5つ。思い出や浮かぶ光景などと一緒に挙げてください。
-----------------------

劇場内で流れたものであればあれば劇中/客入れ・客出し時は問いません。原則は「自分が実際に見た芝居」とさせていただきますが、思い入れが強いものであれば、映像化されたもの(TV等で放映されたもの・ビデオ/DVD化されたもの)でも可とします。

また、このバトンは「次に回す人」を指名しません。ひょい、と軒先につるしておきますので、お好きな方・気づかれた方は、この記事にトラックバックしていただくか、リンクを貼っていただくかたちでのんびりつながっていければ、と思っています。

では、わたしの選ぶ5曲を以下に。順位はありません。

◆Frank Sinatra「Come fly with me」(「クラシック・シナトラ~ベスト・オブ・キャピトル・イヤーズ~」他に収録)

AGAPEstore#4「BIG BIZ~宮原木材危機一髪!~」のエンディングで流れていた曲です。劇中にフランク・シナトラ好きの”自称”画家が出ており、、随所にシナトラの曲を流していたのですが。それらを全て踏まえた上で、物語の〆にこの曲を流してくれたのに「やられたー!」とにっこりさせていただいたのを、今でも覚えております。

ちなみにこの”画家”を演じてらしたのは後藤ひろひと氏。この方がまたキュートで!カセットデッキをぽちっ、と押して「I've got you under my skin」(これも上記アルバムに収録されています)を流しては嬉しそうな表情で歌い踊る(それをばちん、と止められるのが、ギャグとしての流れになっているのですが)姿がもうかわゆくてかわゆくて。こちらと随分迷ったのですが、エンディング曲の方を選ばせていただきました。ちなみに携帯電話の着メロはこれです。知ってるひとには(あるいは解説すれば)にやっとしてもらえるし、そうでないひとには普通に受け止めてもらえる、ってのが狙いでございます。


◆ドヴォルザーク交響曲第9番ホ短調「新世界より」

199Q太陽族(現・劇団太陽族) 最終公演「街踏劇 ぼちぼちいこか
野田地図 番外公演「農業少女

2000年の秋。ほぼ同じ時期・近い場所で上演された(@大阪)この芝居、共にラストに流れたのはこの曲でした。太陽族のそれは「絶望の果ての希望」を示し、野田地図のそれは「最後に残る希望すら消え、冷たい虚空が張りつめているばかりな絶望」を、それぞれ示唆していました。表れたのはまったく真逆の絵ながら、「流れた音」は同じだったこと。その偶然の呼応に、「芝居の力」を感じたのを、今でもはっきりと覚えています。

◆鈴木祥子「空の休暇」(「Radiogenic」に収録)

立身出世劇場「わたしたちの恋愛」で、カーテンコールの時に流れていました。小泉今日子が歌った「優しい雨」の作曲者、と言ってやっと通るかな、な。好きな人は好きだけど、どちらかといえば「知るひとぞ知る」方の、しかもアルバム曲を、まさか好きな芝居の〆に聴かせていただくとは全く予想もしませんでした。サビの部分の歌詞と、芝居のテーマが静かにリンクしていたのも、また嬉しい限り。

◆Gabriel Yared「Shamrock」(アルバムは入手困難気味。公式ページはこちら。"Ballets/Concerts"→"Shamrock"と進んでみてください)

メジャーリーグ製作の二人芝居「メアリ・スチュアート」にて、そのためにしつらえられたかのようなサウンドトラックのごとく流れていました。白石加代子さんと麻実れいさんという芸達者同士が見せる火花。す、と立ち/座りを変えるだけで、互いが演ずる立場も身分も瞬時にして変えてしまうその技巧。生涯モノベストの芝居に入る一本であるこの芝居をを思い出すとき、必ず傍らに流れる音です。

◆Taki「ASHURA」(「阿修羅城の瞳」新橋演舞場初演版サウンドトラック所収)

劇団☆新感線が新橋演舞場で初めて公演を打ったのが、この「阿修羅城の瞳」でした。序幕が終わり、本格的に芝居が始まる時にかかるこの曲。丁度サビの部分で、紗幕に白文字で公演タイトルが浮かび上がる演出がされています。あの揺らめきと、夏の日の暑さと、幕開けの興奮。この曲を聴くたびに、それら全てがはっきりとわたしの内に甦る、そんな「忘れられない」一曲です。

他にもいろいろ身体の奥深くしみこんだ曲はありますが。まずは、この5曲を。

|

« わたしの「必要不可欠」-Reading Baton | Main | 方円の器に随う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/4777402

Listed below are links to weblogs that reference 熱い紅茶とマドレーヌと-Theatrical Music Baton:

» Theatrical Music Baton [みられてもいいせいかつ。]
芝居観トモダチのところに落ちていたのを拾ってきました。 エンゲキ(特に小劇場芝居 [Read More]

Tracked on 2005.07.02 at 17:58

» [talk]Theatrical Music Baton [stage note archives]
ちょっと前に拝見してあっこれやりたいなーと思っていたのですが、感想とか感想とかに追いまくられたりでこんなに遅くなってしまいました。つーかお前、またbatonかよ!と皆様の呆れる声が今にも耳に届きそうですが、すいませんすいません、何せ自分答えたがりなもので! 私が拝見したのはよく「おとなり日記」でお名前がある「日々ノコレ。」((id:rysheep))さんからです(すいませんTB二重になってるかも・・・)。発祥は[http://celeste.air-nifty.com/indigo/2005/06/... [Read More]

Tracked on 2005.07.21 at 22:11

» TheatricalMusicBaton [旦那に内緒のHP]
 芝居系のブログを巡っていたら、面白いものを見つけたので答えてみることにした。今流行のバトン系みたい。質問内容は以下の1つ。-----------------------■あなたにとって忘れられない、劇場で流れていた音楽を5つ。思い出や浮かぶ光景などと一緒に挙げてください。--...... [Read More]

Tracked on 2005.07.26 at 23:46

« わたしの「必要不可欠」-Reading Baton | Main | 方円の器に随う »