« 駆ける若駒たち | Main | そこは熱き魂が降りる場所-柴田あゆみ・稲葉貴子 カジュアルディナーショー »

2005.11.04

Dialog in the Dark

@広尾D-HAUS(旧自治大学跡)
11/3(木) 17:10-18:20

Dialog in the Dark 2005」に参加してきました。経験原理主義ではありたくないのですが(想像力の否定になりそうなので)。なるべくなら自分自身で見聞きし、その上で感じ、考えを広げてゆきたい、を胸に抱く者として。説明を含めて約1時間弱の経験は、まさしく「あたらしいせかい」への導きでした。

全く光の無い中で、頼るものはアテンドスタッフ(=研修を受けた視覚障害者)と白杖のみ。事前に白杖の使い方及び会場内における注意事項を受けた上で、暗闇の世界へ入っていきます。1つの感覚がなくなると、別の感覚が研ぎ澄まされる、とはよく言いますが。ことわたしについては、普段さほど意識しない嗅覚と触覚がピン!と立ち上がりました。

1つの回に参加できるのは7人のみ。今回は家族(4人)+カップル(2人)+わたし、の構成でした。最初は見ず知らずの人間同士、しかもわたしだけ「どこにも対、あるいは所属する相手が無い」感覚に、少し疎外感を覚えそうになったのですが。はじまってしばらくすると、そんなせせこましい思いは闇へ溶け出し、やわらかく「つながる」感覚を覚えるようになりました。終了後はみんなにっこり笑いあって「ありがとうございました」と言葉を交し合ったのも、また嬉しいひとこまでした。

一時間弱という短い時間でそこまで至れたのは、「闇の中だから、自分の行動・方向等をなるべく声に出す」ことが大きいかと。声を出して「わたしはここにいる」と示すこと。自分が行くべき道を示してもらうこと。何か触れたら、それをなるべく具体的に声に出して感覚を分かち合うこと。普段の生活ではなかなか為しえないことですが、決して非日常で片付けたくは無いな、と感じております。

芝居やライブのように「一度に大多数が経験する」わけにはいかない催し物ですが。でも、出来ればひとりでも多くの人にこれは経験していただきたい。そう思える、素晴らしい時間と体験でした。

以下、ネタばれなので未見の方はなるべくご遠慮ください。(先入観なしに経験していただきたいので)

一番驚いたのが「飲み物の提供」でした。中にバーがしつらえてあり、アテンドの方も一緒に飲み物をグラスに注いで下さいます。出口の前で経験を語り合う時間が設けらた際に「どうやって量を測るの?」とお伺いしたところ、「グラスの温度や注がれる液体の音の変化で測る」とのお返事をいただきました。また、提供時には必ず具体的に「目の前におきますよ」との声掛け+手を取ってグラスに触れさせてくださいます。中々実行には移せないのですが、視覚障害の方に何かお手伝いをする時は必ず「具体的な表示をする」ことが大事なのだと気づかされました。

|

« 駆ける若駒たち | Main | そこは熱き魂が降りる場所-柴田あゆみ・稲葉貴子 カジュアルディナーショー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/6889594

Listed below are links to weblogs that reference Dialog in the Dark:

« 駆ける若駒たち | Main | そこは熱き魂が降りる場所-柴田あゆみ・稲葉貴子 カジュアルディナーショー »