« 彼の方(かれのほう)、と書いて彼方(かなた)と読むのよ | Main | To the sky, to the way »

2005.12.18

全ていつか納得できるさ!

保田圭さん・稲葉貴子さん・アヤカさん出演のFCイベント@パシフィックヘブンへ行って参りました。(12/18(日) 15:30開演回)

パシフィックヘブンで開催されるイベントへは今回が初参加でしたが、とても穏やかであたたかい空気に満ちた、いい2時間を過ごさせていただきました。

構成はこのようになっていました。
-----------------------------
1:2005年のベスト3について、スケッチブックに記載したコメントを客席に見せながら順次コメント+トーク
2:プリプリピンク「人知れず 胸を奏でる 夜の秋」を3人で
3:事前に配布されたアンケートの回答を見ながらトーク
4:モーニング娘。「I wish」を3人で
5:握手会(稲葉さん→保田さん→アヤカさんの順)

◆各人の「ベスト3」
【アヤカさん】
1位:カンボジアへレポーターとして行ったこと
2位:サーフィンを初めて経験したこと
3位:ゴルフを始めたこと+プロアマトーナメントに出場させていただいたこと

【保田さん】
1位:バスツアーを開催できたこと
2位:クロシェットでのディナーショーへ出演出来たこと
3位:「二十四の瞳」に出演出来たこと

【稲葉さん】
1位:バスツアーで誕生日を祝ってもらったこと
2位:焼肉をたくさん食べたこと(?記憶が少し曖昧です。お許しを)
3位漫画喫茶初体験

◆アンケートの設問
1:ケメ子(保田さん)・あっちゅ(稲葉さん)・アニャカ(アヤカさん)の3人のユニット「稲村ケメ子」のデビュー曲タイトルは何がいいですか?(注:一回目で「3人のユニット名」として「稲村ケメ子」と命名が決定されたとの由。こちらもアンケート結果によるそうな)

2:3人それぞれのイメージを一言でいうと?

3:次のバスツアーがあるとしたら、どこで何をしたいですか?

4:温かいものが恋しくなるこの季節、3人をおでんの具に喩えるとさてなあに?理由もあるとうれしいな

5:今度チャレンジしてもらいたいことがあれば書いてください

◆トーク・覚え書き(箇条書き)
・ゴルフのレッスンは数度でもう打ちっ放しへ出られるレベルなのかと思ったら、細かくスイングの形を教えられるので「先は長すぎる…」と断念(保田さん)

・漫画喫茶へ行ってみたかったが、「一人で」行くのはなんだか敷居が高くて。そんな中、斉藤瞳さん(メロン記念日)と一緒に前田有紀さんを待つ時間があって、お茶も飲み終わってまだ時間があったから、やっと「初・漫画喫茶」を経験できた。ペアシートで二人でプレステで遊べて楽しかった(稲葉さん)

・「二十四の瞳」見てくれた?(保田さん)→二人とも見ていない、との話の流れから→わたし、ビデオ録画できないんですよー。機械が複雑になればなるほど扱えなくて!(アヤカさん)→それってなっちと一緒じゃん!じゃあ、携帯もシンプルなのがいいんだー。メールもできないやつとか(笑)。(保田さん)

・カンボジアへ行って、日本との貧富の差を肌で痛感。自分が恵まれた環境にあること、を、しっかり認識しなければと思った。人間として、とても勉強になった(アヤカさん)

・バスツアーで誕生日だったんだけど、最後の最後にみんなから寄せ書きや「おめでとう!」をもらってとても嬉しかった。実は前日にみんなから何も言われなくて心配だったのだけど(どうやらみんなには「言っちゃだめよ」と箝口令を敷いていた模様)、だからこそとても嬉しかった(稲葉さん)
-----------------------------

3人の言葉の端々に共通していたのは「ファンの方と触れあえる機会があった嬉しさ」でした。私は参加しておりませんでしたが、今年の春(と初夏?)に行われたバスツアーが、彼女たちにもとても大きな(よい)経験となっているようで。行ってないひとへの心遣いも忘れず、でも「楽しかった!」との言葉が何度も笑顔と共に零れているのは、こちらもほっこりした気持ちにさせていただけます(^^)。

また、特に印象に残っているのが、保田さんが「(クロシェットでは)近いのも嬉しいけれど、生演奏で歌えることが嬉しい」とおっしゃって下さったこと。このひとことに、「歌うたい・保田圭」しての-そして「そのためにこの世界に入ったのだ」との矜持を見せていたきました。いろいろな制約で、「生演奏」で歌うことが出来るひとはどうしてもソロ組をメインにしたおねえさんチームに限られてしまうのでしょうが。それでも、「そのことを嬉しい」と言葉にしてもらえることは、何とも言えぬ喜びでした。

先日の稲葉さん・柴田さんディナーショーでの「Everyday everywhere」もそうでしたが、今回の「I wish」には、大変強く心を揺さぶられました。恥ずかしながら、イントロが流れた瞬間に口を覆い、1小節目が終わった瞬間には本当に人目を憚らずぼろぼろ泣いておりました。かの歌が示す世界ももちろんですが。それを伝える3人の「うたうたい」としての力に、胸を射抜かれました。

公私ともに大波があった時に、ある友人が送ってくれたのも、この歌のサビの部分でした。……そのことも含めて。このイベントへは「呼ばれた」のだ、と。そう、感じさせていただいております。

改めて。素敵な時間を、ありがとうございました。

|

« 彼の方(かれのほう)、と書いて彼方(かなた)と読むのよ | Main | To the sky, to the way »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/7686308

Listed below are links to weblogs that reference 全ていつか納得できるさ!:

« 彼の方(かれのほう)、と書いて彼方(かなた)と読むのよ | Main | To the sky, to the way »