« そこは熱き魂が降りる場所-柴田あゆみ・稲葉貴子 カジュアルディナーショー | Main | 彼の方(かれのほう)、と書いて彼方(かなた)と読むのよ »

2005.12.08

Smile, smile, smile!

前回更新の後、公私ともに色々大波がありまして。しばらくこうした書き物が出来る状況にありませんでした。師走の声を聞いてしばらくした頃にようやく波が落ち着き、やっと積んでいるDVDの中から「アロハロ!安倍なつみ」の封を切ることが出来ました。

何度も書いておりますが、わたしは「肌の露出が多いモノ」やそれをメインとするもの、には関心が薄い-寧ろ苦手感を強く抱く傾向があります。ゆえに、購入に至っても少し逡巡があったことを述べておきます。

ただ、このDVDはパッケージから伺える「肌の露出」や「ヴィジュアル面」にのみ重きをおくのではなく、彼女の「内側にある言葉」をすくい取ろうとするつくりにもなっていました。それは本編最後の章「サンセットビーチ」での独白と、中間部分に挟まれた「空 LIFE GOES ON」のアカペラに強く表れています。

中でも一番胸を打たれたのは、彼女の独白のこの部分でした。(これは正確な書き起こしではなく、彼女の語る言葉をなるべく生かしつつ、並べたものです。)

----------------------------------------
笑顔でいられる時もあるし、笑顔で「いなくちゃ」ならない時もある。
本当に自分が感じる、「本当の感情」を大事にしないと、自分の感情を見失ってしまう。
でも、元気でいない時でも、「笑顔である」ことで、助けられることもある。
その「笑顔」であたたかさを、元気を与えられる存在で居たい、と思う。

----------------------------------------

人生の全ての場面に於いて、気持ちの底から笑うことは不可能。
でも。それでもなお「笑顔である」ことを選ぶこと。そこに安倍なつみ、というひとの勁さと真髄を見ました。

そして、この言葉はわたしの抱える波を的確に指すものでした。
改めて。わたしは彼女には「呼ばれ」ている。その気持ちを、新たかつ強くさせていただきました。

|

« そこは熱き魂が降りる場所-柴田あゆみ・稲葉貴子 カジュアルディナーショー | Main | 彼の方(かれのほう)、と書いて彼方(かなた)と読むのよ »

Comments

スッカリ寒くなりましたね。ご無沙汰しております。会社から書き込んでます(笑)

実は『アロハロ!安倍なつみDVD』を、まだ観ておりません(笑)
別に勿体ぶってるわけじゃありませんが、何となくキッカケがなくて封を切ることもなく今に至っております。

男性ですから女性とは違った楽しみ方もできるハズなのですが(笑)、
セレステさんの感想を拝見すると、それ以外でも見どころの多い作品のようですね。

年末年始休暇中にでもユックリ観賞したいと思います。感想有難うございました。

Posted by: そうまかなえ | 2005.12.08 at 10:04

>そうまかなえさん
こんばんは。いつも楽しくテキストを読ませていただいております。
最近はとかくなっちさん以外のメンバーにお心遷りなさっていらっしゃいませんか(笑)?

それはさておき、安倍さんの「アロハロ~」はいい意味で「らしからぬ」部分がいくつも挟み込まれています。ぜひともお時間が出来た際に、ご覧いただければと思います。(もっとも、他のアロハロシリーズを殆ど拝見していないので、正しく比較は出来ていないのですが)

追伸:メールアドレスがまた通ですね。高校生時代に読んだきりなので、そろそろ通勤のお供をこれにしたいと思います。まずは手元の「明暗」か「こころ」あたりかなあ……。

Posted by: セレステ | 2005.12.08 at 23:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/7520009

Listed below are links to weblogs that reference Smile, smile, smile!:

« そこは熱き魂が降りる場所-柴田あゆみ・稲葉貴子 カジュアルディナーショー | Main | 彼の方(かれのほう)、と書いて彼方(かなた)と読むのよ »