« 見るべきほどのことは見つ | Main | 通り過ぎた瞬間始まる自分が見えたなら »

2006.04.29

春風にたゆとう歌姫を-矢口真里・斉藤瞳(メロン記念日)カジュアルディナーショー

4/29(土)13:30-16:00@広尾 ラ・クロシェット

矢口真里さん・斉藤瞳さん(メロン記念日)のカジュアルディナーショーへ行ってまいりました。以下、順不同ですがMCを軸とした感想を箇条書きに。

○矢口さんは多少の経験値もプラスしてか、今までの(娘。時代の)ステージやラジオでお伺いする姿とそう変わらぬ状態。はきはきと明るく話す姿。ドラマやバラエティでもがんばってる。でも、やはり一番大事にしたいのは「うた」だし、「生の音に乗せて、近い距離で歌うことができるのがうれしい」との言葉を渡して下さいました。こちらの勝手とは承知してますが。やっぱり、彼女には「歌うたい」であって欲しいんですよね。

「銭湯の娘」でヤンキー娘役をやったから、次はもう少し落ち着いた役を……と思ったら、「ギャルサー」で16歳のギャルをやってます、と現番組の宣伝もしっかり忘れずに。ただ、周囲のギャル役の子たちとは「若い子だから話題がなかなか分からないのよー」とちらりとぼやいてました。うぬ、矢口さんをしてもそう言わしめるとは(まだまだ若いとは思ってますが)なかなか。でも、共演のギャルさんから「20世紀少年」を借りたらハマって!とのこと。今までの彼女の好みを見ていれば、これはハマるでしょうね(^^)。会場から「もう完結したよ!」の声が飛んだ時には「やめて!ネタバレはしないでねっ」と即答するあたり、ホント変わってなくてうれしいなあ、と顔が綻びました。

○斉藤さんは何せ初めてとのことで、とてもとても緊張していらしたとのこと。
初日のアンケートにはずいぶん「緊張してらっしゃいましたね」との言葉があったり、あとは矢口さんからも「ひとちゃん、随分緊張してステージ駆け回ったり、自分の香水のかおりを確かめたりしてたよね(*)」なんて言葉も降ってくるほど。斉藤さんが緊張しいなのはメロンのメンバーはもちろん、ハローのメンバーも周知の事実だけど、と前置きした上で。「皆さんが思っていらっしゃる、【ボス】だったり【セクシー担当】だったり【半蔵門ひとみ】だったり、(本来の)斉藤瞳と違う部分を(舞台上で)お見せすることが多いのだけど。このDSという場では、素(に近い)の斉藤瞳を出しているので、それはそれでうれしくもあり、そして緊張する」との意の言葉を渡してくださいました。

(*)メロン記念日 コンサートツアー2005 冬「今日もメロン明日もメロン、クリスマスはマスクメロンで!」DVDの副音声でもこのエピソードが語られてます。

そんな彼女を大きく支えてくださったのが、親友・前田有紀さんだそうで。歌の練習にもおつきあいし、公演前にメール(電話を掛けたら圏外だった、とちょっとお怒りモードも入りつつ、でも励ましの言葉がしっかりとあったそうです)・公演後に電話、そして今日も公演前に「私は今から寝るけど、ひとちゃんは今からがんばっておいでね」との暖かい連絡をもらった、とのエピソードを話してくださいました。

これは斉藤さんに限った話ではありませんが。広義の「同僚」の中で、背中をゆったり預けられる親友を見つけられた、という話を伺えると、やはり嬉しく思います。仕事の機微をお互い分かった上で、それでなおかつ「親友」であれる存在は、なかなか出会えないものでしょうから。

○今回のセットリストで嬉しかったのは、斉藤さんソロの1曲目に、多分に彼女の希望が強く反映されたであろうこと。柴田さん・稲葉さんのDSに参加した時、柴田さんもこれを歌われたのですが。それに際して「ひとみんも歌いたがってたんだよなあ……」とおっしゃっていたのが、どうにも忘れられなかったのです。(こちらに当時の感想を書いてあります)

また、ソロの3曲目も随分とアレンジを変えて歌い上げてくださいましたが。歌の持つちからもさることながら、それを鮮やかに描いてみせる斉藤さんのちからに脱帽。出来れば、4人それぞれのver.を聞かせていただきたいものです。あの4人なら、まったく異なる彩を見せてくださるでしょうから(^^)。

そして、前奏部分のアレンジでは「?」だったもの、歌いだしで何なのかと分かった瞬間涙がこぼれたラス前の曲。他の曲は前回のDSでも歌ってくれていましたが、こればかりはまさかのまさか。歌詞の本来の意味ははほほえましい「彼とわたし」の希望像、なんですが。ついぞ、ここ数日の件を踏まえて、旅立っていくひとたちとも「こういう関係であれたらいいな」とのアタマへ揺れた次第です。

○体験するには少し敷居が高めに設定してある(FCへの入会or入会者が近くに居ることが最低要件)CDSですが。うたうたい、としての力をきちんと見せていただける/堪能することが出来るという意味で、これからもずっと(いろんなメンバーで)続けていってくれたら、と願っております。

以下、ざっくりとセットリストを。あいまいな記憶なので、間違い等はご容赦を。

たんぽぽ
SEXY NIGHT~忘れられない彼~

【斉藤さんソロコーナー】
レモンタルト
真夜中のドア~Stay with me(客席巡回)
肉体は正直なEROS

【矢口さんソロコーナー】
ひとりぼっちの部屋
元気を出して(竹内まりや)
春の歌(客席巡回)
ラストキッス

I&YOU&I&YOU&I
なんにも言わずにI LOVE YOU

|

« 見るべきほどのことは見つ | Main | 通り過ぎた瞬間始まる自分が見えたなら »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/9818213

Listed below are links to weblogs that reference 春風にたゆとう歌姫を-矢口真里・斉藤瞳(メロン記念日)カジュアルディナーショー:

» [娘。]矢口&斉藤DS [yasuの日記]
そういえば娘。大阪の前にあったんですよね。 おいらは申込すらしてなかったという状況だったのですが、 まわりでは落選の報ばかり。 そんななかでも当選された方もいらっしゃいまして、 レポを書いてくださっていますので紹介させて頂きます。 天空闊歩:セレステさんのHPなのですが、 いつも自分とは違う観点から公演を見ていまして、mixiを始めいつも読ませて頂いています。 聞きたい曲が一杯だなぁ〜 ... [Read More]

Tracked on 2006.05.08 at 21:45

« 見るべきほどのことは見つ | Main | 通り過ぎた瞬間始まる自分が見えたなら »