« 斧琴菊 | Main | 代替可能か、否か »

2006.07.29

甚平ツインズ

斉藤瞳さんと柴田あゆみさんのパシフィックイベントに行って来ました。
(7/29(土)昼の回)

タイトルの由来は、今回お二人が着ていらした衣装から。斉藤さんが黒地に様々な色味の点を散らした模様、柴田さんは白地(クリームに近い縮緬地?)に朝顔か何かの花模様だったかな。夏の日に似つかわしく、とてもかわいらしいお姿でした。

以下、印象に残った部分をざくざく箇条書きに。

○甚平は柴田さんが店先で見つけて、斉藤さんに写メを送って(笑)決めたとのこと。「ダメでも寝間着に使うから!」(by斉藤さん)とおっしゃってましたが、きちんとイベントに着てきてくださいました。柴田さんはビーチサンダル、斉藤さんは普通のサンダル(白地にすこしスパンコールをあしらってあった)だったような。

○近況報告として、2人それぞれが持ち寄った写真をTVモニタに映して各種説明。
斉藤さんは「もうみんな分かってるよね?うちの娘(ロシアンブルーの猫)・メルちゃん」と親ばかぶりを遺憾なく発揮(^^)。たまさかにネイルの写真が入っていたのはご愛敬。(自分で施したネイルを、記念に取っておきたいとのこと)

メルちゃんの目は「青い」らしいんですが、写真で取ると「碧色」なんですね。でも、凛とした感じのするお嬢様でした。いろいろコード類かじって大変だそうですが、写真を解説する声も、あと一緒に写ってる表情も、本当に「いつくしみ」に溢れたものでした。見ているこちらも気持ちがあったかくなります(^^)。

柴田さんは「ひとみんとのツーショットを初めとして、メンバーとかと一緒に取った写真類」とのこと。なんでもひとみんとのツーショット(一番最初に見せてくれた)は、他の数枚の写真(何かのイベントorラジオの時に、スタッフさんも一緒にまとめて撮った集合写真)と一緒にお財布に入れてるとのこと。メンバー愛ですね。

斉藤さん絡みの写真で一番面白かったのは「誕生日パイ投げ@HPP NEO」の時。パイを顔面にぶつけられた直後の写真に、斉藤さんが「よくこのタイミングで取れたねえ……」とちょいと呆れたような、それでも感心のコメントを。「ひとみんは知らない(当事者には内緒)だけど、私たちは知ってたからねー」とにこにこ返す柴田さん。
パイ投げで一番威勢が良かったのは松浦さんだそうです。「あの子はすごいよ」と、斉藤さんがしみじみおっしゃってました。

そして、先日の「MEL-ON TARGET」終了直後の楽屋裏でのメンバー4人の写真が映された時。斉藤さんがぽつっと「そういや、いっぱい(わたしたちの)写真撮ってるけど、一枚も焼き増ししてくれてないよねー」とひとこと。

その瞬間、すさささっ、と後じさりしてモニタの後ろに隠れる柴田さん。
ちょいとだけ顔も隠したあと、ひょこっ、とモニタの上に顔を出す姿が、まるでいたずら好きのちびっ子のようで。実際メンバー内では一番末っ子ですが、「おねえちゃんに(ほんのちょっとだけの)まずいこと見つかっちゃった!」てな表情をしていたのが、とてもほほえましくて、かわゆうございました。

柴田さん曰く「パソコンへは取り込める(デジカメで撮影してる)んだけど、そこからプリンタへつなぐ線がわかんないの!だから(焼き増し=プリントアウト)出来ないの!」とのこと。場内から何度か「USBコードだよ!」なんて声も飛びますが、どうにもよく分からないらしく「今度お店の人に聞いてみるー」とにこにこしてました。

何度かこのやりとり(焼き増ししてね、と、別のところで斉藤さんが念押しした)があった後。柴田さんが「CD(-R)に焼くから、そしたらひとみんちのパソコンでも見られるから!」と別の手段を提案。でも、今度は斉藤さんが「CDって、パソコンに入れたらずらずらっと写真(=画像)が出てくるの?」ときょとんとした顔を。
メロン記念日内で「一番パソコンに詳しいのは柴っちゃんだから」とのことで話は終結しました(^^;。

○この回はフレッツラジオの収録回でもあったようで、来場者及びラジオリスナーから「二人に聞いてみたいこと」(だった、と思います。ちょっと記憶があやふや)のアンケートを募り、それに答えるコーナーもありました。

覚えているのは、
Q:「甥っ子が二人(斉藤さん・柴田さん)のファンです。どうすればハロプロに入れるでしょう?」
A:別にハロプロにオトコノコが入っちゃいけない、とは明言されてないし、もしかすると今後はわかんないかもよ(笑)? まあ、今からいろんなことに挑戦して、いろんな可能性を広げるとよいね

Q:「最近夜も暑くて寝苦しいのですが、何か対策はしていらっしゃいますか?}
A:(斉藤さん)寝る直前にアイス枕を使って、まずそれで寝る。夜中途中で目が醒めた時のために、もう一つ予備を冷凍庫で凍らせておいて、起きたらそれと取り替える

 (柴田さん)楽な格好をして寝る。えっと、水着に着替える時のタオル地のものってあるでしょ?(バスタオルにゴムを入れてスカート状にしたもののことかな?)あれを着てると「涼しいー!」って思うのー。

 (斉藤さん:柴田さんのその言葉を受けて)むらっちゃんは裸族だろーね(笑)

Q:「夏バテはしますか?また、好きな季節はいつですか?」
A:(斉藤さん)夏バテはしません。好きな季節は秋かな。生まれ月があるのもあるし、色味が好きなのよね
 (柴田さん)(同じく)夏バテはしません。ただ、汗をあまりかかない体質なんで、フットサルの練習の時に熱中症にならないように注意してます。好きな季節は春と秋。
春は明るい、秋はちょっとさみしい、そんな色味が好き

といったところでした。

○歌は「サマーナイトタウン」と「ふるさと」でした。普段のパシイベだと3曲あったと思うのですが、ラジオコーナーの分2曲になったのでしょうか。
1曲目は「夏にちなんだものを」とのこと、その後「なつかしいね。いろんなことを思い出すね」との話で伏線を張っておいて、最後の「ふるさと」へつないでくださいました。共に好きな曲ですし、それをまた違う声の重ねで堪能できたこと、深く胸に沁みました。

------------

そういえば、7/29は隅田川の花火大会だったのですね。
イベント終了後、銀座へ出て用事を済ませた後、新宿で友人とご飯を食べていたのですが。いやもうどこを見ても浴衣と人の海!

それも含めて、「夏が来た!」との思いを強くしてもらえた、素敵な一日でした。
柴田さんにも伝えたのですが。是非、一度フレッツラジオで「4人とも甚平姿」で出ていただけたらなあ、なんて思うです。かーいらしいんだもん。ほんとに。

|

« 斧琴菊 | Main | 代替可能か、否か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/11145918

Listed below are links to weblogs that reference 甚平ツインズ:

« 斧琴菊 | Main | 代替可能か、否か »