« 代替可能か、否か | Main | Gradation »

2006.08.17

受動態から能動態へ

メロン記念日2006年夏ライブハウスツアー「灼熱天国」
8/13(日) @なんばHatch 19:10-21:00

こちらの公演へ参加してきました。
前回の「MEL-ON TARGET」公演、そして7月のMELON LOUNGEでも感じたことですが。彼女たち自身の意思がより強く反映され、形になった。彼女たちは「表現するひとである」ことを、見ているこちら側にも、彼女たち自身にも深く認識させた時間、との思いを強く受けました。メロンラウンジでのDJ体験もそうですけど、外の世界をどんどん自分の中に取り込んで、その上で新しく世界を切り開き、創ろうとする気持ち。そんな前向きな力がひしひしと伝わってきました。

受動態が全て悪いわけではありません。求められるものごとはどんどん高くなっているし、それに答えることで伸びてゆくのもひとつの事実。ただし、自分(たち)のたどり着きたいゴールを自分(たち)自身で探し、それを一から設定することは、また更に高いハードルです。

「こうあってほしい」と思うものごとは、まだまだたくさんあります。
全部を一気に、とはいかないけれども。でも、「こうあってもらえたら」と願うことが、理想に近い形で、ひとつ叶った。そういう意味で、ぜひ一人でも多くの人に見てもらいたい。そんな2時間でした。

以下は、今回ひとりひとりが目指したであろうもの(そうなのかな、と、わたしが感じたこと)です。詳しくは、以下に隠してあるセットリストと対比してみてくださいませ。

大谷さん:歌の力。歌声の伸びと、それ一本で創り上げる世界。
斉藤さん:艶。安いエロティシズムに留まらず、レベルの「ショー」を見せよう/魅せようとする努力。ただし、これは受け手側の意識変革も必要かも。
柴田さん:ロック。既存のもの、既存のイメージを超えようとする強い意思。
村田さん:客観視。「村田めぐみ」という演者をどう演出するか。作家及び演出家としての「村田めぐみ」の視点の存在。(演者であると同時に、プロデューサー/ディレクターである聡さ)

彼女たちの居場所は、まだまだアイドルのくくりかもしれません。
でも、私が見た場所に居たのは、それ以上にロックなおねえさん、です。

ほんの少しでも、彼女たちの歌声を聞いたことがあるひとなら。もしくは、ハロプロに関心がある方なら。是非とも、このツアーをご覧頂きたいと思っています。

以下、センチュリーランドさんからセットリストをお借りします:

1.夏
2.涙の太陽
3.遠慮はなしよ!
MC
4.Crazy Happy!
5.努力・系・美人
6.赤いフリージア
MC(大谷雅恵・斉藤瞳)
7.complicated(アヴリル・ラヴィーン)/柴田あゆみ
8.lovefool(カーディガンズ)/村田めぐみ
9.like a virgin(マドンナ)/斉藤瞳
10.my heart will go on(セリーヌ・ディオン)/大谷雅恵
MC(柴田あゆみ・村田めぐみ)
11.もう 待てませ~ん!
12.ラストシーン
13.肉体は正直なEROS
14.かわいい彼
15.This is 運命 (ロングバージョン)
16.さぁ!恋人になろう (ロングバージョン)
17.さあ、早速盛り上げて行こか~!!
MC
EC1.刹那さ Ranking
EC2.お願い魅惑のターゲット
MC
EC3.夏の夜はデインジャー!

WEC1.ガールズパワー・愛するパワー

|

« 代替可能か、否か | Main | Gradation »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/11478977

Listed below are links to weblogs that reference 受動態から能動態へ:

« 代替可能か、否か | Main | Gradation »