« August 2006 | Main | October 2006 »

2006.09.10

Gradation

松浦亜弥コンサートツアー2006秋『進化ノ季節…』
9/9(土)18:10-20:50 @松戸森のホール21 大ホール

こちらのコンサートへ参加して来ました。
春ツアーの出来がとても良く、思わず手持ちのチケットを増やしてしまったほど。
ピアノとストリングスを背負ったひとりの「歌うたい」がどのように「進化」してくれるのか。お手並み拝見、と、初日初回を楽しみにしていました。

明けてすぐのMCで、コンサートタイトルに触れて「歌手・松浦亜弥としての」進化、とはっきり口にする彼女。確かにそこには(主に見た目の)愛らしさを求められる偶像としての「アイドル」ではなく、一人の、強靱な意志を顕わにした「歌うたい」が居ました。
春の安倍さん/松浦さん(見た順番です)、そして夏以降の(MELON LOUNGEを含めての)メロン記念日、カントリー娘。そして松浦さん。二分した時に「エルダークラブ」に属するメンバーたちは、何かしら「歌うたいとしての、次の一歩」を踏み出している、そしてそれに相応しい環境を(やっと)与えられつつある。そのうちの、1つの先陣が松浦さんだな、というのが本日の感想です。

春から秋へと。ツアータイトル通り、松浦さんはめざましく『進化』しています。
そして『進化』は必ず『変化』を伴うもの。昨日まで白だったものが、今日から黒に、との急速さこそないものの。そこには明確な濃淡の段階的変化がありました。

彼女が差し出してくるもの。そして彼女が創る世界は『変わって』ゆきます。
それに対して、受け手側も。今までとは異なる『受け止め方を』する必要がある部分もあるでしょうね。勿論、彼女を好きだ、という気持ち。尊敬する気持ちはそのまま。ただ、その世界に対して。応援する気持ちを表すかたちは『変わって』-いや、『進化して』いくことも必要なんじゃないかな、と、思っています。

以下、セットリスト及び今回の「進化」について触れています。舞台構成のネタバレがありますので、お嫌な方は回避願います。

Continue reading "Gradation"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »