« Walk on the way of Life | Main | Four Views for "ROCKS" »

2006.12.10

第5回ハロプロ楽曲大賞2006

第5回ハロプロ楽曲大賞2006」に投票します。
昨年はちょっといろいろあってパスしてしまったのですが、今年は駆け込みで投票します。これも、「未来の自分への、ある意味プレゼント」でもあるんですよね。振り返って楽しむための、ひとつむぎ。

【楽曲部門】
配点は全て2点でお願いします。

1位:I'm in Love/安倍なつみ
A面の「スイートホリック」とは真逆の、ビタースイートな味わいの一曲。
その決断は、自分も相手も深く傷つけてしまう。でも、自分の心に嘘を突き通すことが、果たして相手に対して誠実であることか?
そんな思いをやわらかな「絵」に立ち上げてくれる歌い出しの声に、ずっと心奪われています。安倍さんの曲の中では、1,2を争う「だいすき」かも。

2位:お願い魅惑のターゲット/メロン記念日
メジャーシングルとして流通出来ないのがすごく残念だった1曲。
ハロプロとか、そういう枠を一旦伏せて。ぱっ、と流せば、多分アンテナにひっかかってくれる人が多いと思うんですけどね。
ライブやイベントで場数をこなして、どんどん進化していく彼女たちに、これからもずっと「on-target」されるんだなあ、と思います。

3位:スイートホリック/安倍なつみ
c/wの「I'm in love」が、オトナの苦さが全面に出る曲だとすれば。こちらはとても甘やかで、でも、喉を通りすぎた瞬間にさらりと消えるさわやかなもの。ちょっと背伸びした「お年頃」なんだけど。でも、その向こうに「えへへっ」と笑うなっちさんがいるような。そんなイメージが、とても心地よいのでした。

4位:Crazy Happy!/メロン記念日
ポップ色が強めの、でもロック。ライブの中盤の盛り上げだったり、あるいはアンコール1曲目だったり。ぽん!と軽く跳ね飛ぶのにぴったりな一曲。長のつきあいだけど、メロンのことは全く知らない友人にこのCDを渡した時。「あー、いい曲だよね。あなたが好きなのが、よく分かるよ」と言ってもらえたのが、今年の夏の、うれしい想い出です。

5位:ハピネス/松浦亜弥
優しく在れるには。やわらかく在れるには。芯に勁さがあることが必要不可欠。勁さでもって、やわらかく、ひとに手が差し出せる。必要最低限の手助けと、そして笑顔と。さらりとなしとげて、また次のステップへ踏み出してゆく。
わたしから見た「松浦亜弥」さんの魅力が、この曲にぎゅっと入っている、と思える一曲です。

【PV部門】
同じく、こちらも配点は全て2点でお願いします。

1位:SOME BOYS! TOUCH/後藤真希
2004年の夏のハロコン以来、わたしはこのひとに、ずっと叶えてもらいたい願いがあります。それは「一人で武道館を埋めるコンサートをやること」
指一本で、【ライブハウス】武道館を我がモノにしてしまえる。それだけの力を、このPVからは強く感じます。

2位:歩いてる (Walk Ver.)/モーニング娘。
キセキノミチヲユケ。彼女たちに願うことは、ただそのひとつ。
軌跡であり、奇跡。そこで笑顔が咲き続ける限り、わたしは彼女たちを、ずっと見続けるでしょう。

3位:メロディーズ (SPECIAL EDITION)/GAM
んーと。ワタシの中でも、親しい友人の中でも、実は賛否両論がはっきり分かれるものなのですが。「ひとつのものがたりを見せてくれる」形に弱いんで、こちらを。

なお、「メロディーズ」を語った言葉の中で、一番心に強く響いたのは「charming sister, kiss me dead!」さんの、10/19付けのエントリーです。あれはもう、心底「やられた!」(勿論、良い意味で、ですよ(^^))思いましたもん。

【推しメン部門】
安倍なつみさん。彼女はわたしにとっての「はじまり」で、そして揺らぐことのない「とくべつ」です。他の方への言及やライブの回数が増えても、それは変わりません。

ちなみに2004年度の投票結果はこちらです。

|

« Walk on the way of Life | Main | Four Views for "ROCKS" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/13019019

Listed below are links to weblogs that reference 第5回ハロプロ楽曲大賞2006:

« Walk on the way of Life | Main | Four Views for "ROCKS" »