« 第5回ハロプロ楽曲大賞2006 | Main | ただの恋だから »

2006.12.18

Four Views for "ROCKS"

メロン記念日 コンサートツアー2006冬「FRUITY KILLER TUNE」
12/16(土) @愛知厚生年金会館 19:20-21:20

こちらの公演へ参加してきました。
ベストアルバム-なるべく「アッパーな」曲を、との選を求めて編まれたアルバムを引っさげてのホールツアー。口開けは意外とゆったりめ、だったんですが。中盤にまあもう「これでもか」と畳み掛けるようなロック色、そして中盤でしっとりクールダウン。一息ついたと思わせたところで再度熱気を!との、緩急自在でなおかつ「体力勝負」を挑んでくる。そんなセットリストでした。

夏のライブハウスツアーでも感じたことですが。自分たちの経験をきちんと血肉とし、そして表現を磨いてゆく。新たな世界をどんどん吸収し、自分たちにしか出来ない-アイドルという形で始まったけれども。でも、新境地としての「Rock」を目指してみようじゃないか?との思いが形になった。そんな舞台を見せてもらいました。

ハローの中でも「初めて」を担うことが多い彼女たちですが。今年一番の収穫は「意識的に、ハロー以外の音楽やアクトに触れたこと」ではないでしょうか。芝居関係はまだハローの枠内、と、私には見えてしまっていますが(「Girls's Knight」等)。ラウンジを通してELLEGARDENやBEAT CRUSADERSのライブアクトに触れたこと、そしてDJプレイの一環でさまざまな音を身体に入れたこと。そのことの効果の大きさが、ひしひしと伝わってくる2時間でした。

夏のライブハウスツアーでもあった「カバー曲コーナー」ですが。今回は4人で1曲、の形でした。ただ、「ラウンジで掛けてくれないかな」と望んでいたのが、まさかコンサートで、実際に歌ってくれるとは!英国風ロック少女っぽいいでたちだったのもまた嬉しや。この曲をつなぎで、そして第二の着火点に持ってきたアイデアには、心より拍手を。

舞台装置は、ともすれば無骨に見えるくらいのシンプルさですが。そこを「上下」に使って形作る巧さが光っています。4人を、1人ずつ配すること。2人ずつ配すること。どのような形にあっても「ひとつの絵」になるのは流石です。

また、後方から見せていただいたおかげか。「明かりの使い方」も、非常に演劇的なものを感じました。色で織り成すもの。もしくは、光度の強弱で表す陰影の妙。思わずどきりとさせられた場面も、いくつかありました。

熱さも、艶も。変化自在に見せてくれるこの4人。是非とも機会があれば、ご覧頂きたい、と、切に思う時間でした。

以下、毎度ながらセンチュリーランドさんからセットリストをお借りします。

1:赤いフリージア
2:スキップ!
3:かわいい彼
4:さあ、早速盛り上げて いこか~!!
5:ガールズパワー・愛するパワー
6:香水
7:肉体は正直なEROS
8:MI DA RA 摩天楼
9:シャンパンの恋(PV)
10:I Love Rock’n Roll(Joan Jett&The Blackheartsカバー)
11:This is 運命
12:遠慮はなしよ
13:涙の太陽
14:さぁ!恋人になろう
15:お願い魅惑のターゲット
16:LEATHER

EC1:電話待っています
EC2:ANNIVERSARY
EC3:初雪

|

« 第5回ハロプロ楽曲大賞2006 | Main | ただの恋だから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/13110611

Listed below are links to weblogs that reference Four Views for "ROCKS":

« 第5回ハロプロ楽曲大賞2006 | Main | ただの恋だから »