« ただの恋だから | Main | 芳醇佳酒 »

2007.01.09

切磋琢磨の祭典

Hello!Project 2007 Winter ~ エルダークラブ The Celebration ~
1/5(金) 18:00-20:00 @中野サンプラザ

こちらの公演を拝見してきました。

ハロプロを楽しむ時に、知っていた方がより楽しめるもの。その1つに彼女たちの歴史だったり、キャラクターだったりといった、ある意味余剰の情報があります。ずっと見続けていくこと、深く知ることでより楽しめるもの。ただし、「それを全く知らぬ人間に見せても」響くところがあるのでは?と。そう思える重厚さをいくつか感じたのが、今回のエルダ組のステージでした。

筆頭は、松浦さん。
声だけで会場を満たす力は流石のひとことです。
「音楽と人」でのインタビュー然り。今回のMCでも然り。「歌を伝える人でありたい」との気持ちが、その佇まいからは強烈に伝わってきます。

与えられた役柄だって、それが必要とあらばキレイにこなしてみせましょう。
ただ、そうじゃない自分もあっていいんだ。自分の意志はそれとして、通したいものは、多少の搦め手-なすべきことをなした上での、意志のカードを切るという形で-を使ってでも通してみせましょう。その心根の強さに、改めて感服した次第です。

また、他のメンバーも決して負けてはいません。
自らの持ち歌の部分では、単独のステージを見たことのないお客さんだって、必ず虜にしてみせる、との意志に満ち満ちています。落語に喩えるならば、独演会じゃなくて定席の寄席。全員が全員「自分のお客さんではない」ところで、果たしてどれだけ目を向け、心を引き寄せられるのか。そういった切磋琢磨の度合いだったり、(いい意味での)貪欲さだったりは、正直、ワンダよりエルダの方により強く感じております。

大変厳しい言い方になりますが。
「ライブが開催できることは、当然のことではない」
このことが身に沁みているか否か。それだけの切実さがあるか否か。
その差異を、組分けやパフォーマンスの差に重ねて見ていた私がいます。

以下、セットリストになります。

1.ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!/全員
2.来来!「幸福」/全員
MC 全員 メンバー紹介、一月一日の斉唱
3.日曜日 What's Going On/安倍なつみ
4.東京みちくさ/安倍なつみ
MC カントリー娘。 あさみ・みうなの卒業に関して
5.革命チックKISS/カントリー娘。
6.お前の涙を俺にくれ/前田有紀
MC 松浦亜弥 20歳の抱負について
7.メロディーズ (Piano 独唱 Version)/松浦亜弥
8.dearest./松浦亜弥
9.うらら/中澤裕子
10.お願い魅惑のターゲット/メロン記念日
11.Papillon/飯田圭織
MC 飯田・安倍・後藤 10年記念隊に関して
12.僕らが生きるMY ASIA/安倍なつみ 飯田圭織 後藤真希
13.ガラスのパンプス/後藤真希 with アヤカ 里田まい
14.ガタメキラ/稲葉貴子 後藤真希 アヤカ 里田まい
MC 稲葉・後藤・アヤカ・里田(ガタメキラについて)
15.ウソつきあんた/矢口真里 保田圭
16.オシャレ!/松浦亜弥
17.三角関係/稲葉貴子 大谷雅恵 柴田あゆみ 松浦亜弥
18.未来の扉/中澤裕子 飯田圭織 安倍なつみ 保田圭 矢口真里
MC 安倍・矢口
19.甘すぎた果実/安倍なつみ
20.先輩~LOVE AGAIN~/カントリー娘。 アヤカ 前田有紀
21.遠慮はなしよ!/メロン記念日 カントリー娘。 アヤカ 前田有紀
22.SOME BOYS!TOUCH/後藤真希
23.好きすぎて バカみたい/後藤真希→+松浦亜弥 安倍なつみ→+全員
MC
24.Thanks!/全員

|

« ただの恋だから | Main | 芳醇佳酒 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3752/13399741

Listed below are links to weblogs that reference 切磋琢磨の祭典:

« ただの恋だから | Main | 芳醇佳酒 »