« October 2007 | Main | March 2008 »

2007.12.03

第6回ハロプロ楽曲大賞2007

第6回ハロプロ楽曲大賞2007」に投票してきました。選んだものは以下の通り。昨年以上に駆け足コメントですが、お許しを。

【楽曲部門】
1位:メロン記念日「LEATHER」3pt
初めて聴いた瞬間に「ライブを見せてくれ!」と叫んだ一曲。そして冬ツアーの本編ラストで満を持して出されたアクトに、いろんな意味で「天国を見せて」もらった気分。

オトナな言葉回し、そして二人ずつ声を重ねる際に、必ずひとりが残ってバトンをつないでいく形。歳月を重ねるからこそ出せる色艶とはこういうもの、と思い知らせてくれる曲。他の曲も勿論だけど、出てから1年経たないうちにしっかりライブで磨きをかけてきたのも流石。

2位:安倍なつみ「愛しき人」2pt
3位:安倍なつみ「息を重ねましょう」2pt
4位:安倍なつみ「小説の中の二人」2pt

いろんなモノゴトを経て、その上でなお深く大きく愛を保てるひと。そして、それを表す/顕すことが出来るひと。それが表現者・安倍なつみなのだと思わせてくれた一曲。ライブハウスから、アリーナまで。声ひとつで包み込めるひとの「これぞ」の表現。

5位:音楽ガッタス「鳴り始めた恋のBell」1pt
まだまだごつごつ・荒削りな手触りが残るけれど。「はじめて」だからこそ為せるものもある。長い道を経てきたキャプテンと仲間たちが前後を守れるから、雛たちは乾いたばかりの羽で空へと向かえる。そんなことを思わせてくれた一曲。

【PV部門】
1位:モーニング娘。誕生10年記念隊「愛しき悪友(とも)へ」3pt
後藤さんがルージュを取ろうとした手がグラスに触れてしまい、あわや床へ落ちて砕け散るか→ぴたりと時が止まってグラスも水もそのまま、のシークエンス。ちゃちだ、との物見も可能です。しかし、決して「止めることが出来ない一瞬」を、こうして「止めて」くれたことに。叶わぬものと知りつつも、いろんな願いを重ねてしまうのです。

モーニング娘。は変わり続ける。そして、モーニング娘。(の芯にあるもの)は変わらない。

2位:メロン記念日「アンフォゲッタブル」2pt
最後までどうするか迷ったけれども、「曲に合わせた絵の作りこみ方」及び「代替不可」の点で投票。迷ったのは個人的にモード系メイクとファッションが苦手だという一点。それを除けば、「オトナのワンナイトパーティで楽しみましょう」との世界作りはかなり凝ってますしね。

3位:音楽ガッタス「鳴り始めた恋のBELL 」1pt
曲以上に荒削りな部分が目立つけれど、それでも「勢いの強さ」に心奪われるとの一点で選出。黒いマントを翻す姿。サビ前にアップになる表情の強さ。
迷いも闇も全て知った上で今あるからこその笑顔。そこに、やられました。

【推しメン部門】
安倍なつみさん。このひとはわたしにとって揺るがぬ「とくべつ」です。
彼女に呼ばれなければ、わたしは今ここには居ない。大げさですが、召命、との言葉を使うのも、このひとのとくべつさ故です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | March 2008 »